雨宮先生雨宮先生

借金で多く払い過ぎたお金「過払い金」を取り戻すためには、基本的には弁護士や司法書士に依頼して消費者金融・ローン会社・貸金業者と交渉してもらいます。

過払い金請求は基本的に弁護士・司法書士に依頼する

過払い請求弁護士司法書士相談

過払い金を取り戻すには、債務整理問題が得意で、解決や相談実績が多い専門弁護士や司法書士に”任意整理”という方法を依頼することお勧めします。

任意整理は個人で交渉することも可能ですが、金融関係の法律知識のない素人では金融業者に相手にされなかったり、知識で言い負かされてしまうケースがほとんどだからです。

合わせて読んでおくと良いページ

貸金業者も弁護士が相手なら話を聞く

ですが、弁護士や司法書士が相手だと、消費者金融側も下手な事が言えなくなり、交渉に応じてくれるようになるのです。

また、弁護士・司法書士に過払い金請求を依頼すれば、ほとんどの手続きをお任せできるので自分で行う必要はありません。

過払い金の時効は10年間

過払い金請求の時効は”最終返済日から10年間”と決まっていますので、手遅れにならないうちに早めにご相談されることをお勧めします。
弁護士や司法書士側も、過払い金請求で手数料が報酬になりますので、しっかり仕事をします。

また、いま返済中の借金があっても、過払い金の請求はできます。過払い金があると借金が減ったり、借金がゼロになる可能性があります。

雨宮先生雨宮先生

「どうしようかな」と迷う気持ちも分かりますが、行動しないと現状を変えることは出来ません。
過払い金がないか弁護士・司法書士事務所で一度診断を受けてみましょう。

過払い金請求の流れ

「CMでは簡単だと言っているけど、過払い金を請求するためにどんなことをすればいい?」とお思いの方は多いようです。

ですのでここでは。過払い金の請求の実際の流れを簡単に説明していきます。

過払い金請求の実際の流れ

①債務整理弁護士・司法書士に依頼

②弁護士・司法書士から貸金業者宛に”受任通知”を発送し、過去の取引履歴の開示を請求する

③弁護士・司法書士が利息制限法により過払い金の計算をする

④弁護士・司法書士が貸金業者と過払い金請求の交渉をする

⑤貸金業者が合意して、過払い金の返金(振り込み)をする

⑥過払い金の回収が済み、弁護士・司法書士費用を支払う

雨宮先生雨宮先生

受任通知とは、「今後、この借金についての窓口は私(弁護士・司法書士となります」という内容のものです。

この通知を受け取ったときから、債務者(あなた)に対して借金の取り立てもピッタリと止まり、落ち着いた生活を取り戻すことができます。

過払い金の請求には取引履歴が必要

過払い金請求の取引履歴の提示後の引き直し計算
過払い金を請求するためには、貸金業者との取引内容の詳細が必要です。取引履歴が手元にある場合は、弁護士・司法書士に渡してください。

取引内容が分かれば、法律で決められた利息(法定利息)よりも高く払っていた借金を、正しい利率で計算しなおすことができて、過払い金の額が分かります。これを”引き直し計算”と言います。

もし全ての取引履歴が無かったら?

もし、すべての取引履歴が手元にない場合は、弁護士・司法書士が貸金業者に開示の請求をします。

貸金業者は履歴開示の義務があるので、余程の理由が無い限りは開示に応じます。ただし、業者によっては開示してくれるまで2~3か月かかる場合もあります。ですので、過払い金請求は期間に余裕を持って依頼する必要があるのです。

嘘は付かないこと!

ここで大切なことは「嘘をつかないこと」です。
過払い金請求を依頼する人の中には多額な借金があることを恥じて、取引履歴を隠す人がいます。

これは何も良いことがありません。

取引の詳細な履歴は保管していなくても、依頼者側(あなた)がどこの消費者金融から借金をしていたを申告しなければ、弁護士や司法書士も過払い金請求をすることが出来ません。

その結果、ただ損をするだけになってしまいます。

雨宮先生雨宮先生

現在、過払い金の請求で悩まれている場合、古い借金の取引明細(契約書・引き落とし口座の通帳・督促状)は捨てずにとっておいてください。
過払い金の計算に必要な大切な書類なので、まとめで保管しておきましょう。

貸金業者が途中からの取引履歴しか開示してくれなかったらどうする?

過払い金の請求は、借金返済の最終取引が過去10年以内なら、さらに10年前より期間を遡って過払い金の請求をすることができます。

例えば、今から20年前に借りたお金を12年かけて完済した場合、最終取引は今から8年前ということになりますよね。この場合、その貸金業者からの借金は20年前まで遡って過払い請求をすることができるのです。

ですが、消費者金融側の取引履歴の保存期間は、法律で10年分と決められています。
開示請求をしても「もう処分してしまった」と言われて、今から過去10年分の履歴しか手に入らないことがあります。

この場合は、”残高ゼロ方式””推定方式”のどちらかで計算をして過払い金を出します。

残高ゼロ方式とは?

残高ゼロ方式とは、開示された取引履歴の冒頭部分を0円として引き直し計算をする方式のことです。

この残高ゼロ方式は債務額が残っている履歴の場合、債務額を無かっことにして計算するため過払い金の金額が多くなります。

雨宮先生雨宮先生

この残高ゼロ方式を使う場合、最終取引履歴よりも前に返済をしていた証拠として、銀行口座からの振り込み・引き落としの履歴や借入時の契約書・返済の明細などを所持している必要があります。

推定計算とは?

推定計算とは、取引履歴が途中からのものだった場合に開示された履歴から過去の内容を推定する計算です。

推定計算は、元となる取引明細が全くないため、貸金業者との過払い金額の交渉が難しくなります。
そして、推定計算に必要な根拠や証拠が必要になりますので、調査と交渉に時間がかかります。

ですので、今から10年以上前の過払い金請求をする場合には、債務整理や過払い金問題に強い弁護士・司法書士に依頼することが重要です。

なぜなら、過払い金の知識が薄い弁護士・司法書士に依頼した場合、貸金業者も強気に出てくるため過払い金の金額が少なくなる可能性があるからです。

雨宮先生雨宮先生

残高ゼロ方式も推定計算も、個人で出来るような債務整理方法ではありません。
債務者(あなた)から取引履歴の一部やお話を聞いて、複雑な計算をしてくれる専用の計算ソフトで引き直し計算をして、過払い金を洗い出しています。

過払い金請求の弁護士費用・司法書士費用は?

払い金請求の弁護士費用・司法書士費用

最後に、過払い金請求の弁護士・司法書士費用は、実際どのくらいになるのでしょうか。

ざっくりと言えば、1件につき着手金・解決報酬が平均4~5万円と、成功報酬額(過払い金で取り戻した額)の15~20%程度の費用がかかります。

取り戻した過払い金の額に応じて、弁護士費用が変わります。

過払い金請求の弁護士・司法書士費用

項目 A社 B社 C社
着手金 2万円 なし なし
解決報酬 2万円 2万円 2万円
過払い金報酬 20% 20%
(訴訟になった場合25%)
18%
過払い金が100万円だった
の場合の合計費用
24万円 22万円
(27万円)
20万円

このように、事務所によって設定が違います。過払い金が100万円あった場合、弁護士費用はだいたい20万円前後が相場のようです。

弁護士費用は取り戻した過払い金から払いますので、消費者側にとって赤字にはならないような料金設定になっている事務所が多くなっています。

また現在では弁護士事務所・司法書士事務所同士の競争も増えてきていて、着手金無料・相談料無料から過払い金請求案件を請け負っている事務所も多くなってきています。

今回のまとめ

過払い金を取り戻すには、金融関係や法律く詳しい弁護士・司法書士に依頼しましょう。
知識の無い個人で消費者金融・ローン会社貸金業者と交渉を行っても相手にされないことが多いためです。

初めての取引から10年以上経過しているの場合、過払い金に強い弁護士・司法書士に依頼することで、和解交渉がスムーズに進む可能性が高くなります。

雨宮先生雨宮先生

債務整理・過払い金交渉は、弁護士や司法書士の交渉力の違いで、過払い金額の結果が変わることもあります。

もし依頼される場合は、過払い金請求を専門に請け負っている弁護士事務所や司法書士事務所をお勧めします。