雨宮先生雨宮先生

小規模個人再生の返済金額は、最低弁済基準額で計算して、さらに自己破産をした場合に債権者配当される金額を上回るように決定します。

小規模個人再生での返済額はどうやって決まるか?

小規模個人再生の返済額

「小規模個人再生を利用すると返済金額はどうやって決めるのだろう?」と気になりますよね。
これは、”最低弁済基準額”を元に計算します。

最低弁済基準額とは、法律により借金額別に返済すべき最低金額が決められた基準額のことです。

最低弁済基準額表

ということで、最低弁済基準額表で返済額をご紹介します。

表に書いてある「債権額」とは債務総額(借金の総額)のことです。この金額には住宅ローンや税金の滞納分は含まないため、注意しましょう。

債権額
(借金の総額)
計画弁済額
(返済する総額)
 ~100万円未満 そのまま
 100~500万円未満 100万円
 500~1500万円未満 5分の1
 1500~3000万円未満 300万円
 3000~5000万円未満 10分の1
雨宮先生雨宮先生

小規模個人再生は、住宅・車などの資産を残せるメリットがありますが”清算価値保障の原則”があるため、借金がゼロになることはありません。

清算価値保障の原則とは?

清算価値保障の原則とは、「小規模個人再生を利用する時は自己破産をした場合よりも、債権者に対して配当される金額が上回ることを保障しなくてはならない」と定められたものです。

この原則が定められた理由は、小規模個人再生をする人が最低弁済基準額だけを適用させて返済をすると、資産を持っている自己破産者よりも債権者に返済する金額が少なくなってしまうからです。

例えば、自己破産をすれば債権者には100万円が振り分けられるのに、個人再生の最低弁済基準額だけで借金整理をすると、50万円しか振り分けられないという事態が起こります。これは債権者側にとって不満で不平等になりますよね。

ですから、資産がある人が小規模個人再生を利用すると、自己破産した時よりも借金返済額は高くなるような仕組みになっているのです。

雨宮先生雨宮先生

売却できる資産がない場合は、最低弁済基準額で返済金額を計算します。
資産がない方は、自己破産も選択肢にあると思いますが、小規模個人再生には再度の利用をするために7年間の制限がつかないメリットがあることを覚えておきましょう。

売却できる資産がある人と資産の無い人の返済金額の例

それでは売却できる資産を所有している人が、小規模個人再生を利用した場合の例をご紹介していきます。

Aさん 男性 40歳 債務総額:520万円 資産:150万円

1.自己破産の場合

自己破産をした場合、借金520万円を免責されますが資産の150万円を売却されて債権者に分配をして終了します。

2.小規模個人再生の場合

小規模個人再生の場合、最低弁済基準額は100万円ですが資産が150万円あるため、自己破産と同額の150万円が返済金額となります。

Bさん 男性 36歳 債務総額:1300万円 資産:210万円

1.自己破産の場合

自己破産の場合、借金1300万円を免責されますが資産の210万円は売却され債権者に分配をして終了します。

2.小規模個人再生の場合

小規模個人再生の場合、最低弁済基準額が260万円と自己破産をした場合よりも高額になるため、返済金額は260万円となります。

Cさん 女性 26歳 債務総額:300万円 資産:0万円

1.自己破産の場合

自己破産の場合、資産が無いため借金300万円を免責されて終了します。

2.小規模個人再生の場合

小規模個人再生の場合、最低弁済基準額が100万円と自己破産をした場合よりも高額になるため、返済金額は、100万円となります。

雨宮先生雨宮先生

返済金額は、資産の有無や金額によっても変わってきます。
そして、自身で資産価値を調べるのは手間や時間が掛かりますが、弁護士・司法書士に依頼する場合は、代行で調査をして貰えるメリットがあります。

ローン返済中の住宅は財産にみなされるか?

個人再生をかんがえる人の多くが気になる大きな資産(財産)に”住宅・マイホーム”があります。

もし住宅がローン返済中だった場合は、「ローン残高 ≧ 不動産時価×1.5」が当てはまった時はその住宅は財産として見なさないとしています。
ローン返済中の住宅が財産になる場合ならない場合

雨宮先生雨宮先生

もし財産に該当する住宅ローン残高になった場合は、不動産時価からローン残高を差し引いた金額が最低弁済額に盛り込まれます。

上図の例だと、財産になる場合は時価1300万円-ローン残高1000万円=300万円が最低弁済基準額の対象になります。

今回のまとめ

小規模個人再生の返済金額は、最低弁済基準額を元に計算をします。
ですが、”清算価値保障の原則”が定められているため、自己破産をした場合に債権者に配当されるよりも返済額が上回る金額になります。

つまり、資産がある人はその資産と同じ金額または、最低弁済基準額のどちらか高額な方を返済することになるのです。

雨宮先生雨宮先生

個人再生は、資産を残したまま借金を減額できますが、高額な資産をお持ちの場合は返済金額も高額になる可能性があることを覚えておきましょう。