雨宮先生雨宮先生

弁護士以外に借金相談をする場合は、認定司法書士、消費生活センター、日本司法支援センターがあります。

借金相談や債務整理手続きは司法書士もできる

借金相談は司法書士でも出来る

借金の整理(任意整理)と過払い金の請求は、”認定司法書士”でも行う事ができます。

認定司法書士とは、法務大臣の認定を受けた司法書士のことです。認定司法書士になるには、普通の認定司法書士がさらに能力認定考査受験に合格する必要があります。

認定司法書士ができる借金整理は140万円を超えない範囲まで

認定司法書士に依頼できる借金整理は、過払い金の合計が140万円を超えない範囲でだけ代理権が認められている制度になっています。

借金整理の結果、金額が140万円を超える請求と和解については、認定司法書士に代理権は認められていません。訴訟になった結果、借金整理が無効になってしまったケースもあるので注意が必要です。

個人再生や自己破産も視野に入れている場合は弁護士相談がのぞましい

認定司法書士は、簡易裁判所への申し立て案件については代理人になることができますが、マイホームを売却せずに借金を減らす”個人再生”や”自己破産”は申し立て、代理人になることができません。(書類の作成はできます)

財産が絡む場合の借金問題については、弁護士への相談がのぞましいです。

【関連ページ】債務整理や借金相談は弁護士と司法書士どっちに相談するべき?

雨宮先生雨宮先生

140万円以内の過払い金請求であれば司法書士が対応できます。「主に過払い金請求と任意整理は対応できる」と覚えておくと良いと思います。

消費生活センターで相談員の無料相談が利用できる

各都道府県には消費生活センターがあって、ここでも無料で電話や面談相談を受けることができます。

ですが、消費生活センターの相談員には手続きの代理権が無いので、借金整理を実行に移す場合は弁護士や司法書士を相談してもらうか、自身で探す必要があります。

【関連外部リンク】全国の消費生活センター

日本司法支援センター(法テラス)

「法テラス」という名前は聞いた事がある方は多いのではないでしょうか?これは日本司法支援センターの別名称で、2006年10月から始まった法律相談の申し込み方法を電話で案内してくれるものです。法制度や手続き方法に関する情報は無料で教えてもらえます。

ですが、法テラスの無料法律相談は、収入が低い等、一定の条件を満たしている人だけを対象にをしています。実際に弁護士相談や手続きの場合は全て有料になります。

法テラスの利用条件
【関連外部リンク】法テラスの利用条件

雨宮先生雨宮先生

この他に持っている資産、家賃や持家のローン、生活保護などの条件も加味されます。
自分が法テラスを利用できるかは、利用条件チェックページで簡単に確認することができます。

地方自治体・財務局の多重債務相談窓口

財務局の多重債務相談先

各都道府県や市町村、または財務局には多重債務相談窓口があります。自治体によっては窓口が開設されていませんが、財務局には必ずあります。

ここでも無料相談を受けることができますし、弁護士を紹介してくれます。

【関連外部リンク】各都道府県の財務局等における相談窓口リスト

民間の支援組織・NPO/NGO

民間が立ち上げた借金相談の支援組織であるNPOやNGOでも、借金相談をすることが出来ます。
NPOやNGOの場合は、立ち上げた代表者が借金問題に苦しんでいた過去があって、「同じ悩みの人を助けたい」という思いから開設していることが多いので、助け合いの精神を持ち合わせているところがメリットです。

NPO・NGOでで有名なのは、サラ金被害者の会やサラ金被害者道場、各地の民主商工会などです。

ですが、これからあくまで一般市民の団体でが運営していますので、法律の専門家が相談相手になってくれるわけではありません。
さらに、数年前からは救済団体が誇大広告を行っていて、相談料や個人情報をだまし取られてしまう被害も発生していますので注意が必要です。

雨宮先生雨宮先生

あくまで民間の団体ですので、そこをしっかり考えて利用されるかを決められると良いと思います。


今回のまとめ

弁護士以外に安心して借金整理の相談ができるとことは、認定司法書士、消費生活センター、日本司法支援センター(法テラス)です。

一般団体のNGOやNPOへの相談は注意が必要です。

雨宮先生雨宮先生

今は借金整理を専門にしている弁護士や認定司法書士は、初回は無料相談をしてくれる事務所多くなりましたので、これを利用しても良いと思います。