雨宮先生雨宮先生

弁護士に任意整理を依頼した後は、完済するまで新たな借金をすることはできません。

任意整理後の借金は犯罪行為!

任意整理後の借金は犯罪

弁護士に任意整理を依頼して貸金業者に借金を完済する前に、新たな借金をした場合は犯罪行為にあたります。

なぜなら、債務者(あなた)は借金の返済ができなくなったから弁護士に依頼して任意整理をお願いしている立場です。つまり、返済不能者です。

借金を返せないのに他の貸金業者から新たな借金をした場合は、刑法の詐欺罪にあたる犯罪行為に該当します。

自己破産や民事再生、個人再生などの債務整理手続き中も同様で、新たに借金をすることは出来ません。もしどうしてもお金が必要になった場合は、依頼した弁護士に事情を説明してご相談してください。

任意整理後はいつから再び借金ができる?

任意整理後の新しい借金はいつからできる

任意整理後にふたたび借金ができるようになるには、残った借金を全て返済し終えてからになります。

また、任意整理などを弁護士に依頼して貸金業者に債務整理の受任通知が届けば、個人信用機関のブラックリストに債務者(あなた)の情報が掲載されますので、5年間はキャッシングやローンを組むことは基本的に出来なくなります。また、新しくクレジットカードを作る事も出来ません。

借金を全て返済し終えて、ブラックリストに掲載されてから5年経過すれば掲載から除外されます。そうなれば、また新しく借金をすることは出来るようになります。

【関連ページ】ブラックリストに載るとどうなる?仕事は続けられるか

雨宮先生雨宮先生

個人再生は7年、自己破産は10年間ブラックリストに掲載されてしまいます。

闇金には手を出しちゃいけません!

借金整理をすると、闇金関連の業者から「無担保・無審査・即日融資」などのダイレクトメールが届いたりします。これは貸金業者の裏で個人情報のやり取りが行われているのでしょう。

なぜ闇金が債務整理経験者にダイレクトメールで借金の勧誘をするか、お分かりでしょうか?これは、多重債務をした人は、借金を整理してもまた新たに借金を繰り返す傾向があるからです。

1度借金に慣れてしまった人はお分かりかと思いますが、お金を借りることに抵抗が無くなりますよね。ですので、闇金のような危ない貸金業者と分かっていながらも「何とか返せるだろう」と心に隙が出来てしまって、新たな借金を作ってしまうのです。

ですので、債務整理後は絶対に新たな借金に手を出してはいけません。せっかく減らした借金をどうやって返済していくか、残ったお金で身の丈に合った生活の楽しみ方を模索してください。

「足るを知る者は富む」という諺(ことわざ)があるように、人間の欲望には限りがありません。欲深くならずに相応のところで満足することができるようになれば、心が富んで生活が豊かだと感じることができるはずです。

今回のまとめ

任意整理に限らず、債務整理を弁護士に依頼して完済するまでは、新たな借金をすることは出来ません。

もし借金をしてしまった場合は刑法の詐欺罪に該当する可能性が有ります。

雨宮先生雨宮先生

まずは借金を頑張って返してください。借金をせずに、お金を貯めるか、稼ぐかに考えを切り替える事も必要です。