雨宮先生雨宮先生

自己破産すると、免責が認められれば今抱えている銀行ローンはゼロになって返済義務が無くなります。ですが、ローンを組んでいる銀行口座は凍結されてしまいます。

自己破産すれば今抱えている銀行ローンや借金は払わなくて良い

自己破産した銀行ローンの返済

自己破産の申し立てをして裁判所から免責が認められれば、今抱えている銀行ローンや借金はすべて支払わなくてよくなります。

例えば銀行の住宅ローン・教育ローン・マイカーローン・カードローン・フリーローン・リフォームローンなどがあります。この他に消費者金融からの借金や、奨学金など、免責が認められれば支払う必要はなくなります。

【関連ページ】自己破産をするメリットとデメリットは?

ただし資産は競売や処分される

自己破産をすれば銀行のローンを支払う必要はなくなりますが、ローンで購入している住宅・車などは銀行側から差し押さえられて競売などにかけられて処分されます。

教育ローンで入学しているお子さんがいる場合は、特に何かを差し押さえられるということはありません。ですが、教育ローンで学費を支払っていた場合、資金が途絶えることになりますので、学校に通わせ続けることは難しくなるケースが多いようです。

ですが、自己破産をしても99万円以下の現金や資産価値20万円以下のものは差し押さえられることはありません。

【関連ページ】住宅ローンが滞納しそうな、支払えない時にマイホームを守る対処法

ローンを組んでいた銀行と同じ銀行口座は凍結される

自己破産して凍結された銀行口座

銀行ローンを組んでいる時に自己破産をするうえで注意しなければいけないのは、ローンを組んでいた銀行と同じ銀行口座の預金が凍結されてしまうことです。

例えばABC銀行で4000万円の住宅ローンを組んでいて、支払いはABC銀行の口座から毎月引き落とされているとします。そこで自己破産の申し立てをした段階で、ABC銀行はあなたの銀行口座を凍結。引き落とせないようになるばかりか、入っている預金はすべて債権と相殺されてしまいます。つまり、残高ゼロになってしまいます。

同じABC銀行の支店で持っている口座もすべて凍結されます。ATMでも窓口でも引き落としはできなくなってしまいます。

関連の無い銀行口座は凍結されない

ですが、ローンを組んでいる銀行と関連の無い銀行口座は凍結されることはありません。

例えば、ABC銀行でローンを組んでいて自己破産した場合、ABC銀行の口座は凍結されてしまいますが、XYZ銀行の口座は凍結されることはありませんので、自由に入出金をすることが出来ます。

凍結された口座へ入金はされる?

「ローンを組んでいる銀行の口座を、給料や年金の振り込みと同じ銀行にしています。もし凍結された場合でも給料や年金は入金されていくのでしょうか?」というご質問も受けます。

結論から書きますが、凍結された銀行の口座はすべての入出金が不可能になりますが、口座差し押さえの場合は入金が可能になります。

もし銀行側が自己破産を知って口座凍結をしたのであれば、給料などの入金はすべてはじかれてしまいます。この場合は、速やかに他の銀行口座へ変更するか、会社側に手渡しでもらうように話してみてください。普通であれば、銀行口座は凍結処理になります。

ですが、銀行側が口座にロックをかけて差し押さえのような形を取っていた場合、給料などは入金はされてしまいます。入金されたお金は、すべて銀行側の債権と相殺されてしまいます。

こういったケースはあまりありませんが、給料が引き落とせないとなると生活が成り立たなくなってしまいます。こういったトラブルを避けるためにも、自己破産を弁護士相談する前に、口座の現金は引き落としておくようにしておいた方が良いでしょう。

雨宮先生雨宮先生

自己破産した場合、債務者(あなた)が持っている財産は債権者に平等に配布されることが原則です。ですので給料の差し押さえは基本的にしてはいけないことになっています。何らかの理由で”強制執行”が裁判所に申し立て許可されていれば、差し押さえは可能です。

いつ銀行口座は凍結されるのか?

銀行口座が凍結されるのは、ローンを組んでいる銀行側が”自己破産の受任通知”を受け取ったときです。

弁護士に自己破産手続きを依頼すると、債権者に「自己破産の申し立て手続きの依頼を受けました。返済の催促をストップしてください」という受任通知を提出します。この時に、銀行側は口座を凍結処理します。

雨宮先生雨宮先生

ですが、ローンの返済滞納が続いている場合でも口座凍結がされることもあります。

今回のまとめ

自己破産をして免責が認められれば、銀行で組んでいるローンの返済義務は無くなります。

ですが、借り入れをしている銀行の口座は凍結されて、すべての入出金が出来なくなり、預金が残っている場合は銀行のローンと相殺されてゼロになってしまいます。

自己破産前に、銀行口座の現金を引き出しておくことで、免責が認められるまでの生活費を守ることができます。

雨宮先生雨宮先生

自己破産は借金整理の最終手段です。もし住宅ローンを組んでいる場合は、”個人再生”という債務整理方法もあるので、真剣に生活を守りたい場合は借金問題を専門にした弁護士にご相談されることをお勧めします。

【関連ページ】個人再生ではマイホーム(持家)を手放さなくて良い?