雨宮先生雨宮先生

連帯保証人になっている場合の借金・債務整理方法は、個人再生(個人民事再生)、任意整理、知人・親族に借りる、最後の手段として自己破産があります。

連帯保証人の債務整理方法は?

連帯保証人の債務整理方法
債務者が返済をしない・自己破産をした・連絡がつかない・行方不明になったときに、債権者から連帯保証人に返済請求がきます。

この場合、連帯保証人が選ぶべき債務整理方法は以下の4つです。

1.自力で返済、または知人・親に借りて返済する

借金を完済するまで、毎月返済をする・資産を売却して返済にあてる。または、知人や親にお金を借りて一括で返済します。

一括で返済できれば、利息分が無くなるため借金総額が少なくなります。ですが、人間関係を悪くしないために知人や親にお金を借りる場合は、きちんと返済計画を作成して両者が納得できるようにしましょう。

2.個人民事再生(個人再生)をする

個人民事再生(個人再生)では、マイホームを残せるメリットがあります。現在では、借金総額が5分の1程度に減額されるケースが多く報告されています。
つまり、マイホームを残しつつ、例えば1,000万円の借金が200万円に減額できる可能性があるのです。そして残った借金は利息もつかずに分割で支払いすることも可能です。

個人民事再生については、個人再生のメリットとデメリットのページを参考にして下さい。

雨宮先生雨宮先生

個人民事再生はメリットばかりに目が行ってしまいますが、高額な資産を所有していたり高収入の場合は減額できる幅も狭くなるため、注意しましょう。

3.任意整理をする

任意整理では、弁護士が債権者と直接交渉して、借金総額の減額交渉や将来分の利息や延滞損害金をカットすることが可能です。

さらに、借金の元金も減額が出来る可能性があります。また、裁判所を介さないので、個人再生や自己破産よりも短い期間で借金整理をすることが出来ます。

任意整理については、任意整理のメリットとデメリットは?のページも参考にして下さい。

雨宮先生雨宮先生

任意整理の他のメリットは、誰にも知られずに借金整理ができること、ブラックリストに掲載される期間が自己破産や個人再生に比べて短いことです。

4.自己破産をする

自分に返済能力も無く、誰かに借りることも出来ない、個人再生や任意整理をしても残金を返済できない場合は、自己破産になります。
自己破産では、免責許可が認められると健康保険料や厚生年金などの税金を除いた借金は0円になります。

ですが、この方法は最後の手段と思っていてください。なぜなら、自己破産をしてしまうと手続き申込み中の3カ月~半年間は就けない職種があったり、20万円以上の財産を全て手放すことになるからです。

借金問題を早急に解決するには?

連帯保証人の借金整理解決方法

「自分がした借金じゃないのになんでこんな目にあわなきゃいけないんだろう?」と落ち込んでしまう気持ちも分かります。ですが、借金の支払が出来ない場合は早急に弁護士に相談して解決を進められることをお勧めします。

なぜなら、借金問題から目を背けてしまうと「その日数分の延滞損害金・利息分が増える」のです。

そして、債権者(貸主)が悪質な業者だった場合は、「会社に催促の電話をしてくる」「家族の所にも催促に行く」「1日何回も督促の電話やメールを送ってくる」ことで、精神的なストレスで会社に行く気力もなくなってしまうケースもあります。

つまり、返済が無理だと判断した時点ですぐに相談窓口や専門家へ相談に行くことが早期解決に繋がるということです。

現在では、借金・債務整理問題の相談窓口も多数あります。各相談窓口については、弁護士・司法書士に借金・債務整理相談をするときの注意点のページも参考にして下さい。

雨宮先生雨宮先生

債務整理を専門家に相談する場合は、借金問題に強い弁護士(司法書士)を探すことが大切です。

「費用が安いから」「大手事務所だから安心」と安易に選んでしまうと、債務整理の期間ばかりかかり弁護士(司法書士)費用が高額になってしまう可能性もあるため注意しましょう。

今回のまとめ

債権者が返済が出来ない・自己破産した・行方不明などにより、債権者から返済請求をされて支払えないときは、個人再生・任意整理・自己破産による債務整理をする方法があります。

どんな債務整理方法が自分に合っているかは、できれば弁護士に相談されることをお勧めします。

雨宮先生雨宮先生

連帯保証人になって借金を背負うと、パニックになることもありますが、落ち着いて専門家の意見を聞いて、現実に立ち向かわれる意識に変えるようにしてみてください。