雨宮先生雨宮先生

自己破産をしても、損害賠償で請求されたお金は支払い続ける必要があります。これを非免責債権と言います。

自己破産をすればほとんどの借金は支払い義務は無くなるが・・

自己破産後の損害賠償請求支払い義務は残る

自己破産手続きをして、裁判所で免責が決定されれば、全ての借金を支払う義務は無くなります。

ですが、非免責債権に該当するものは自己破産が完了しても支払い続けなければいけません。これは破産法253条1項1号~7号で規定されています。

【関連ページ】破産法

非免責債権の対象になるもの

自己破産をしても支払う必要があるもの!

  • 損害賠償請求金
  • 罰金
  • 養育費
  • 婚姻費用
  • 健康保険
  • 固定資産税
  • 国民年金
  • 下水道料金
雨宮先生雨宮先生

損害賠償だけでなく、各種罰金(道路交通法の違反罰金など)、公的に支払い義務があるもの、離婚している場合は養育費や婚姻費用など、これらは自己破産しても支払い義務は残ります。滞納していた場合も、過去に遡って支払う義務は残ります。

損害賠償でも免責の対象になるものがある

ですが、損害賠償請求でも、免責が認められる可能性が事例があります。

損害賠償でも免責が認められる可能性がある事例

  • 一般的な過失の交通事故損害賠償請求
  • 浮気に関する慰謝料

対人の交通事故などの損害賠償請求では免責が認められることはありませんが、対物の場合の損害賠償請求は場合によって自己破産で免責が認められるケースもあります。
また、浮気による慰謝料請求の場合も、自己破産をすることで免責が認められる可能性があります。

ですが、これらは自己破産申し立て手続きの際、債権者・債権一覧に記載している必要があります。

雨宮先生雨宮先生

裁判官は債権者一覧や債券一覧を見て、どの借金に免責を与えるか審査して決定します。ですので、これに書いていない借金や賠償金は、自己破産の免責対象になる可能性はゼロにになってしまいます。

損害賠償請求など、非免責債権を支払わないとどうなるか?

自己破産後の損害賠償請求支払い

「もし自己破産をした後で、損害賠償金などを支払っていないとどうなりますか?」とご相談頂くことがありますが、この場合は債権者から強制執行を申し立てられる可能性があります。

強制執行が認められれば、持っている預貯金や給料が差し押さえられて、強制的に分割で支払わされることになります。
給料の場合は手取りの4分の1までが差し押さえ対象に、手取りが33万円を超えている場合は、「33万円を超えている部分と手取りの4分の1」が差し押さえ対象になります。

【関連ページ】裁判所HP「判決などは貰ったけれど・・強制執行の概要」

強制執行の対象者は個人のみ

ですが、強制執行の対象はあくまで支払い請求されている個人のみとなっています。

つまり、支払い義務者(あなた)の家族の財産や給与・預貯金は強制執行の対象にはなりません。

雨宮先生雨宮先生

連帯保証人になっていない限り、債務者以外の誰かの財産を差し押さえたりすることはできないのです。

今回のまとめ

自己破産をしても、損害賠償請求や健康保険・公的年金などの支払い義務は残ります。これを非免責債権と言います。

もし支払わないで滞納し続けた場合は、裁判所から強制執行されて給与や預貯金を差し押さえられます。

損害賠償請求でも、一般的な過失交通事故での損害賠償請求請求や浮気に関する慰謝料は、免責が認められる可能性もあります。

雨宮先生雨宮先生

もし重大な過失による損害賠償請求がされているのであれば、自己破産で免責は認められません。返済できる範囲でコツコツとやっていくしかないのです。