雨宮先生雨宮先生

自分の親が連帯保証人になっていて、債務者(あなた)が自己破産をした場合、返済請求は全て親の方に行きます。
親が返済できなければ、親もほぼ同時期に自己破産手続きを進めることになる、いわゆる”自己破産連鎖”が起きます。

債務者本人が自己破産をしても連帯保証人である親に請求がいってしまう

親が連帯保証人の場合自己破産すると一括請求される
お金の借主である債務者があなたで、親のどちらか(父か母)を連帯保証人にしていたケースとして説明していきます。

もし債務者(あなた)が借金を返済できずに自己破産という道を選んだ場合、自己破産手続きで免責が認められば返済義務は無くなります。

ですが、破産手続きをして債務者(あなた)の持っている財産や資産を処分しても残った借金の請求は、連帯保証人の親へ行ってしまいます。

そして親が残った借金を返済できなければ、あなたと同じく自己破産をする必要に迫られます。自己破産の連鎖です。

連帯保証人による自己破産連鎖の例

例えば、佐藤さんが1500万円の借金を返せなくなって自己破産をしたとします。自己破産手続きをして財産を処分した結果、残った借金は1200万円になりました。

この時、佐藤さんは父親に連帯保証人にしていましたので、残った借金1200万円が佐藤さんの父親へ一括請求されます。協議によって分割支払いも可能ですが、年老いて貯蓄も少なく年金暮らしの場合は返済能力も低いので、自己破産をする必要に迫られてしまいます。

Aさんの父親が自己破産をすれば借金を支払う義務は無くなりますが、99万円を超える現金や預貯金と、20万円を超える財産(家・車・保険の解約返類金など)は全て破産管財人に処分されて、借金と相殺されます。

もし年金を貰っていた場合は、これから受け取る年金については自己破産の介入はありませんので、貰い続ける事ができます。ですが、既に貰っていた年金を預貯金にしていた場合は、手持ちの現金と合算して99万円を超える部分は没収されてしまいます。

【関連ページ】自己破産をすると年金は受け取れなくなるのでしょうか?

雨宮先生雨宮先生

近年問題になっているのは、奨学金が返済できなくなって自己破産をした若い人の親が借金を被るケース。また、住宅ローンを組んだ後に会社をリストラ・倒産になってローン返済が出来なくなるケースです。

【関連ページ】自己破産をすると奨学金の返済はどうなる?親子共に破産することも

自己破産を決断する前に、個人再生(個人民事再生)を検討する

連帯保証人の親に民事再生を検討させる

返済で首が回らなくなると、すぐに「自己破産」という言葉が頭に浮かぶ方が多いようですが、自己破産は最終手段です。

他にも借金を減額したり整理する方法はあって、最近よく利用されるようになってきている手段が”個人再生(個人民事再生)”です。

個人再生とは?

個人再生(個人民事再生)とは、住宅(マイホーム)を残しながら他の借金を整理して減額する方法です。
住宅ローンの返済額を変えることはできませんが、他の部分の借金があれば、それを5分の1ほどに減額することが出来ます。減額した借金は将来利息もカットされて、自分の家計に応じで分割返済していきます。

詳しくは個人再生のメリットとデメリットをご参考ください。

個人再生で住宅を守った例

連帯保証人で多額の負債を抱えても、個人再生で住宅を守る事ができた例をご紹介します。

加賀谷さん(仮名)は在学中に奨学金を1000万円を借りていて、卒業後はまともな職に就くことができずに自己破産を選択しました。(賃貸暮らしのため、個人再生は利用できなかったのです)

そうなると、連帯保証人である加賀谷さんのお父さんへ一括返済請求がいくのですが、加賀谷さんの父は年金暮らしで貯蓄も限られています。家も持っていて、自己破産をして手放すと今後の暮らしが成り立たなくなってしまいます。

家を守るために弁護士に依頼して個人再生(個人民事再生)を行いました。老後でほとんど働けず定期収入が少ないことが考慮されて、借金は5分の1の200万円に減額されました。残った借金は毎月約3万円ずつ5年間返済することで解決しました。

子の加賀谷さんは、生活が安定したら親に仕送りをすることを2人の間だけで約束しています。

雨宮先生雨宮先生

もし加賀谷さんの父も自己破産をしてしまえば、住むところも預金も全て失ってしまいます。個人再生では預金を失うことはありませんが、その分借金の減額幅が小さくなります。

だとしても、借金を大幅に減らせて住宅を守れたことで父側は何とか生活を続けることが出来ています。

債務者(あなた)が住宅を持っている場合も個人再生か任意整理で自己破産を回避できないか相談する

債務者(あなた)がもし自己破産をした場合、迷惑がかかるのは連帯保証人である親側です。

もし賃貸暮らしの場合は任意整理という借金整理方法もありますので、これで借金を減額できないか弁護士や認定司法書士に相談してみてください。もし住宅を持っている場合は、個人再生ができないかも相談されると良いでしょう。

マイホームのローンを支払い中の場合は、住宅ローンが滞納しそうな、支払えない時にマイホームを守る対処法のページもご参考にしてみてください。

今回のまとめ

もし親を連帯保証人にして債務者のあなたが自己破産をした場合は、残った借金の請求が親へ行きます。
ですので、まずは債務者であるあなた自身が個人再生(個人民事再生)か任意整理で自己破産を回避できないか、弁護士に相談してください。

自己破産をして親が返済できなければ、最終的には親も自己破産の選択を迫られますが、その前に個人再生(個人民事再生)を弁護士と相談して検討してみてください。住宅を守りつつ借金を5分の1ほどに減額できる可能性があります。

雨宮先生雨宮先生

借金問題に慣れていない弁護士だと自己破産しか勧めないケースもあります。
自分で判断できない場合は、債務整理専門の弁護士を探して相談された方が良いと思います。