雨宮先生雨宮先生

任意整理や民事個人再生よりも儲かるという理由で、自己破産を勧めてくる弁護士・司法書士がいますが、すべての人がそういう考えではありません。
本気で借金問題を解決したいという姿勢の依頼者には、力になろうと頑張ってくれる専門家もいるのです。

最初から自己破産以外の説明をしない弁護士・司法書士には、注意が必要

自己破産を勧める弁護士

弁護士・司法書士の事務所に借金問題の相談に行ったときに、こちらの借金状況を聞かずに「自己破産ですね」と勧めてくるところには依頼しないようにして下さい。

なぜなら、借金の状況によっては民事個人再生や任意整理で解決が可能なのに検討もせず、自己破産のみを勧める事務所は利益のみを優先して、依頼者の事を考えていないことが分かるからです。

そして、その事務所に自己破産を依頼した場合に定期的に連絡をくれない・手続きに時間がかかり依頼者を不安にさせたり高額な費用の請求をする可能性もあります。

ですので、相談に行ったらこちらの話をきちんと聞いてくれた上で、自己破産・民事個人再生・任意整理のどれが最適かを説明してくれる誠実な専門家に依頼しましょう。

雨宮先生雨宮先生

代理人選びは、2~3人に相談に行って、自分が信頼できると感じた専門家に依頼をしましょう。良い弁護士・司法書士は、個人の状況に合わせて債務整理の方法を考えてくれるものです。

弁護士や司法書士が自己破産を勧める3つの理由

1.任意整理や民事個人再生よりも利益が高い

弁護士・司法書士にとって、債務整理で1番利益が高いのは自己破産です。実際に専門家の一部は、自己破産をメインに相談者の募集をしています。

もし、あなたにある程度の収入があり債務総額が100~200万円程度などの場合で、自己破産を勧めてくるような事務所には依頼しないで下さい。自己破産は、あなたが今後もどう頑張っても借金を完済することが出来ないと判断されたときに、選択するものだと覚えておきましょう。

良い弁護士・司法書士は、相談者の収入や債務の詳細を聞いてからその人に合った債務整理の方法を説明します。ですから、相談者の話を詳しく聞かずに自己破産を勧める専門家には依頼しないで下さい。

2.任意整理は債権者との交渉に労力がかかる

自己破産と違い、任意整理は債権者との交渉に時間と精神力が必要になります。そして、この交渉を上手く進めるのは、経験が少ない弁護士・司法書士にとっては難しいのです。

ですから、経験が少ないまたは交渉が苦手な専門家は任意整理を敬遠して、手っ取り早く自己破産を勧める傾向があるのです。

債権者は”少しでも債務を回収しよう”という考えを持っているため、1~2度の交渉では納得する可能性が低く、訴訟になることが多くなるのです。そうると弁護士も手間がかかります。時間と手間をかけて債権者と争うことを避けたいと思うことが普通ですよね。こうして任意整理を避けたいと考える弁護士(司法書士)事務所があるのも事実です。

現在では、債権者も過払い金請求や任意整理の交渉に免疫が出来ているため、簡単に債務整理交渉が進みにくくなってきています。
取引履歴をすぐに出さなかったり「提示金額の半分なら減額してもいい」と粘り強くなっていて、長期戦になることが多いのも、任意整理を敬遠して自己破産を勧める理由の一つです。

雨宮先生雨宮先生

現在では、自己破産以外の任意整理や民事個人再生をメインに仕事をしている弁護士や司法書士もいます。自己破産をしたくない場合は、そういった事務所を探して相談に行ってみましょう。

3.債務者の現在の状況では任意整理・民事個人再生が難しい場合は仕方がない

いくら「自己破産だけはしたくない」と債務者が思っていて、弁護士や司法書士が話をしっかり聞いてくれて検討しても、どうにもならないこともあります。

話をしっかり聞いてくれて、任意整理や個人再生についても説明があったうえで自己破産を勧められた、またその理由も説明されたのであれば仕方ありません。良心的な専門家と言えるでしょう。

また、無収入だったり、病気や怪我の療養中で今後の収入が不安定などで借金を減額しても3~5年で完済できる収入が無い場合などは、すぐに「自己破産しかありません」と言われる可能性もあります。

雨宮先生雨宮先生

現在は無収入であっても、今後の収入の増加や遺産が入るなどの期待がもてる場合は、そのことを弁護士や司法書士に相談して任意整理や民事個人再生が可能か検討してもらいましょう。

依頼者の立場で頑張ってくれる専門家もいる

依頼者のことを考える弁護士
弁護士・司法書士の中には、自分の利益だけを1番に考えている方も実際にいます。ですが、「本当に困っている、何とかしたいと真剣に考えている相談者であれば力になりたい」と思い仕事をしている方もいるのです。

テレビやゲームだと『弁護士=正義』という像で描かれていますが、実際は「お金をもらわないと生活ができない、そのために弁護士の仕事をしている普通の人間」です。

ですので、弁護士はどんな案件に対してでも一生懸命になるのではありません。借金返済が出来なくなったことに対して、反省や後悔をして少しでも返済しようと節約をして努力するような誠実な人に対しては、「何とかしてあげたい」と思って一生懸命仕事をしてくれるのです。

雨宮先生雨宮先生

弁護士・司法書士が一生懸命になって助けたいと思う依頼者になることで、債務整理もスムーズに進んでいきます。弁護士・司法書士も人間です。

弁護士・司法書士と良いパートナーになるために

弁護士・司法書士は仕事としてあなたの債務整理を手伝ってくれます。ですが、彼らも人間です。誠実な依頼者に対して「早く借金問題を解決して、生活再建の手伝いをしたい」と思い、力強い債務整理のパートナーとなってくれるのです。逆に、だらしがない・反省の色も見えない・態度が悪い・嘘をつく、こんな依頼者であれば、「この人の依頼を受けるのは不安だなぁ・・」と思って、仕事を敬遠します。逆の立場になって考えてみれば分かりますよね。

ですので、弁護士や司法書士を債務整理の強い味方になってもらうためには、弁護士。司法書士の指示を守ること・自分でできる節約を実行することが重要となります。

自分が弁護士・司法書士だったらどんな態度の依頼者に好感が持てるか考えて行動することが大切なのです。

弁護士・司法書士に対する接し方については、失敗せずスムーズに弁護士・司法書士に債務整理相談をするには?でも説明しているので参考にして下さい。

専門家には見栄を張らずに素直に助けを求めましょう

債務整理を依頼するのですから、専門家(弁護士・司法書士)はあなたがお金に困っていることは承知しています。ですので、正直に現状を伝えるようにしましょう。

なぜなら、専門家はあなたを助けるための最適なアドバイスをするのに、実際の状況を詳しく知る必要があるからです。もしも隠し事をしてしまうと、あなたには不向きな内容のアドバイスになってしまう可能性もあるのです。

※専門家はあなたにとって、債務整理の先生だと思いましょう。そして、先生の指導に従い借金問題を解決するための努力をして下さい。


今回のまとめ

利益を1番に考えている・債権者との交渉にかかる労力を避けるために”自己破産”を勧める弁護士・司法書士もいますが、無収入や返済にあてる収入がない場合は、どの専門家に相談に行っても自己破産を勧められます。

ですが、利益だけを考えずに借金問題で困っている依頼者の手助けをしたいと思っている専門家もいます。

借金問題の無料相談をするときは、予約前にホームページで自己破産だけを推奨している事務所を避けて、自分にあった債務整理を進めてくれる専門家を探して依頼することが重要です。

雨宮先生雨宮先生

あなたが誰かと仕事を進める上では、好感が持てて指示を守ってくれる相手が理想ですよね?
同じように、弁護士・司法書士に対して自分がそう思われるようにすることが、借金問題解決をスムーズにするためのコツです。