債務者さんからのご質問

最初に借金をした借入額は20万円ですが、10年経った今は借金が100万円以上に膨れ上がっています。

借金を返済するために、他のサラ金やカードローンからお金を借り続ける繰り返しをした結果だとは分かっているのですが、このままこの生活を続けていくとどうなりますか?不安でたまりません。

雨宮先生雨宮先生

多重債務をしていると、借金は複利で雪だるま式に増えていくので、いずれは破綻は避けられません。

借金は金利と複利で雪だるま式に増えていく

借金生活を続けると借金が増える
借金は雪だるま式増えていくことをご存じですか?

例えば20万円を借りて月々1万円ずつ20回返済した場合、完済までの支払合計は約24万円になります。

1度20万円を借りてその後も借金をしなければ良いのですが、サラ金やカードローンでお金を借りる人の特徴として「借金を繰り返す」ことがあります。

債務者さん債務者さん

今月1万円の返済もキツイから、もう1社カードローンを契約してとりあえず5万円借りよう


債務者さん債務者さん

2社目の返済もきつくなってきたからもう1社だけカードローンを契約。7万円借りて、今後は節約生活をすればギリギリ3社とも返済を続けられるだろう。頑張ろう・・。

こんな考えでは次々に借金を繰り返すことは当たり前です。
利息や遅延損害金も手伝って、最初20万円しかなかった借金は雪だるま式にどんどん増えてしまいます。

キャッシング・カードローンの金利は10万円~100万円は年約18%

キャッシングやカードローンの金利はいくらかご存じでしょうか?例えば10万円~100万円の借金では年18%以内と貸金業法の”利息制限法”で決められています。

利息制限法による貸金の金利上限

  • 10万円まで・・年20%以内
  • 10万円~100万円・・年18%以内
  • 100万円以上・・年15%以内
雨宮先生雨宮先生

現代の平成10年頃以降の金融業者のほとんどが、この利息制限法の金利を守っお金を貸しています。

20万円の借金を10年間返さなければいくらになるのか?

年15%~20%の金利は、年月をまたげば具体的にどのくらいの額になるのか。お金を借りる人はそのことをあまり考えません。

では、20万円を借りて10年間、年18%の金利が続いた場合、10年後にいくらになるのか計算してみましょう。

10年間借金を続けた場合の金額

グラフにしっかり注目してください。
20万円の借金は、金利が18%なら10年後には100万円以上になってしまいます。

これが金利と複利の恐ろしいところで、最初の1年は元本20万円+利息18%で3万6千円ですが、2年目からは23万6千円に18%の金利がかかっていきます。

実際にはこれに毎月の返済が差し引かれますので、元本は少しは減るのですが、他のカードローンやキャッシングを利用すれば、元本の総額は増え続けるだけです。
元本が増えれば利息も増え続けますので、将来的には利息分を返済するだけで限界、ということになります。

そして利息分も返済できなくなると限界で、「カード破産」「多重ローン破産」という結果になってしまいます。

雨宮先生雨宮先生

これが多重債務の悪循環です。お金を借りる人は、利息分しか考えていないことが多いのですが、実際は元本+利息分の返済です。返済が長くなると利息も増えていくことをあまり考えていない傾向があります。

多重債務の悪循環を断ち切るには?

「最初は5万円の借金だったのに、気付いたら100万円、200万円と膨れ上がっていた」という人は、これまでご説明した多重債務の悪循環に陥っています。

この悪循環を断ち切るためには、できるだけ早く”債務整理”をするべきだと思います。

債務整理には主に3つの方法があって、借金総額を元金を減らしたり、これから発生する利息分をカットすることが出来る救済手続きです。

債務整理という救済手続きがあることを知らずに、厳しい取り立てと借金と返済に追われた生活を繰り返して、生活が破たんしたり心を病んでしまう人が少なくありません。

債務整理を行う事で、借金の悪循環を断ち切って、新しい生活のスタートの足掛かりにされる多重債務者は多くいらっしゃいます。

【関連ページ】
任意整理のメリットとデメリットは?
個人再生のメリットとデメリット
自己破産をするメリットとデメリットは?

雨宮先生雨宮先生

債務整理とは、貸金業法や法律で定められた救済制度を利用して、借金返済で困っている人を救う手段です。

今回のまとめ

借金生活を続けていけば、金利と複利の関係で借金総額は雪だるま式に増えていきます。
将来的には利息分の返済も滞るようになって、生活は破綻してしまいます。

この悪循環を断ち切るためには、借金問題専門の弁護士に債務整理を依頼して、借金を減らして将来利息のカットをします。

まずは無料相談を行っている借金問題専門の弁護士に依頼するようにしてください。

雨宮先生雨宮先生

借金が膨れ上がってしまった人は「どうしていいのか分からない」と思っている人も多いですが、債務整理という救済措置があります。
債務整理専門の弁護士へのご相談を検討してみてはいかがでしょうか。