債務者さんからのご質問

借金を返すために仕事やアルバイトでかけもちして頑張りましたが、体調を壊してあまり働けなくなってきました。

収入は減るし返済も滞って遅延損害金や利息も増える一方で、借金整理(債務整理)を考えています。

借金整理をすればサラ金に知られると思いますが、取り立てがさらに厳しくならないか不安です。

雨宮先生雨宮先生

弁護士に債務整理を依頼すれば、借金の取り立てはピッタリと止まります。取り立てをすると違法になるのです。

弁護士に借金整理(債務整理)依頼をすると債務者本人への取り立て行為は禁止される

借金整理・債務整理をすると取り立ては厳しくならないか

借金整理(債務整理)を弁護士に依頼すると、実際にやってみると分かりますが、全ての督促・電話・郵便物・訪問などの取り立てが止まります。

これは貸金業法21条の法律で定められていますので、普通の貸金業者の場合は取り立て行為を止めます。

該当する法律部分を以下に引用しておきます。長くて読みにくいので、興味が無い方は読み飛ばしても大丈夫です。

「債務者などが、貸付の契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法人に委託し、又その処理のために必要な裁判所における民事事件に関する手続きをとり、弁護士などまたは裁判所から書面によりその旨の通知があった場合において、正当な理由が無いのに、債務者などに対し電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、または訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者から直接要求しないように求められたにもかかわらず。さらにこれらの方法で当該債務を弁済することを禁止する」

貸金業法第21条1項9号
貸金業者による取り立て行為についての法律

つまり、弁護士や認定司法書士に借金整理(債務整理)を依頼して、「この債務者さんから依頼されました」という通知を受け取ったら、取り立て行為はしてはいけませんよと法律で定められているのです。

雨宮先生雨宮先生

もしこれに違反して取り立て行為を行った場合は、貸金業者側に2年以下の懲役や罰金300万円が科せられます。

債務整理の受任通知

借金整理債務整理受任通知書式

サンプルですが、弁護士事務所側が貸金業者に送る債務整理の受任通知がこちら↑です。

内容は、「〇〇さんからの債務整理手続きを受任しました」「今後の取り立てなどに関する相談は、全て◇◇弁護士を通してください」「借金整理をするので、今までの取引履歴を全て開示してください」というものです。

取引履歴を貸金業者から受け取ってから、借金の総額や債務者の収入・生活状況を踏まえて、任意整理・個人再生・自己破産手続きを開始します。

弁護士に借金整理(債務整理)依頼しても取り立て行為が止まらない場合

闇金などにお金を借りていた場合は、債務整理依頼を弁護士にしても取り立て行為が止まらないこともあります。

この場合は即座に依頼した弁護士に相談してください。弁護士が貸金業者側に圧力をかけたり告訴をします。

闇金の取り立て行為を止めるのは難しいのですが、借金問題に慣れている弁護士は闇金が嫌がる対応を経験から熟知しています。
ですので、もし闇金にも借金があって取り立て行為が厳しそうなことが予想できるのであれば、借金問題や債務整理を専門とした弁護士に依頼される方がさらに安心です。

雨宮先生雨宮先生

ですが、基本的に多くの弁護士は闇金の借金整理・債務整理の依頼を敬遠します。
単純に、解決までもの凄い手間がかかるからです。ですので、依頼する場合はその分の報酬と感謝の気持ちは忘れないようにすると、弁護士も人情が湧いて行動してくれやすくなります。

今回のまとめ

借金整理・債務整理を弁護士(または認定司法書士)に依頼すれば、取り立て行為は止まります。

債務整理の依頼後は、貸金業者側に取り立て以外の理由が無い限り、債務者本人に直接取り立てをすることが出来ないよう貸金業法で定められています。

弁護士への依頼は、借金問題・債務整理を専門にしている事務所の無料相談などから始められれば良いと思います。

雨宮先生雨宮先生

専門外の弁護士でも依頼を受けることがありますが、経験が浅くて借金整理の手続きがスムーズに進まない・減額幅が少なくなってしまうこともあります。