債務者さんからのご質問

借金をして返済せずにもうすぐ5年が経ちます。調べると、借金には「時効援用」というものがあるようですが、どんなものなのか詳しく教えて欲しいです。

雨宮先生雨宮先生

借金をして5年間~10年間返していなければ、時効になって返さずに済む事です。ですが、「時効援用」という申し出をして、はじめて借金の時効が成立します。

借金の時効について

借金の時効援用とは

借金には時効があります。専門用語では”消滅時効”とも言いますが、ある一定期間中にまったく借金の返済が無ければ、債権者側(お金を貸した側)は返済を請求することができなくなります。

借金が時効になる期間は?

借金の消滅時効は、貸主が法人(会社)の場合は5年間、個人の場合は10年間と定められています。(法人は商法522条で、個人は民法167条にて)
もし法人化していない個人事業の貸金業者の場合は、法人扱いの5年間の消滅時効が適用されるケースが多くなっています。

時効がカウントされはじめる日は?

借金の消滅時効がカウントされはじめる日(起算点という)は、元本や利息の最後の返済日からです。

つまり、最後に1円でも返済した日から、貸金業者の場合は5年、個人の場合は10年間まったく返済をしていなければ、消滅時効が適用されます。

ただし、ここで注意。時効の日を迎えたからといってここで何もしないと、借金は帳消しにはならないのです。
ここで”時効援用”が登場します。

雨宮先生雨宮先生

消滅時効後でも返済の催促を「1000円でもいいから支払ってくださいよ」と催促されて、少額でも返済してしまっている場合は、支払った日から時効がカウントされてしまいます。

時効の援用をしなければ借金は本当の時効にならない

「最後の返済日から5年(10年)経った。これで借金は帳消し!」と思われる方もいますが、この段階では借金の本当の時効は成立していません。

時効の日が過ぎたら、債務者(お金を借りた側)は”時効援用”をする必要があります。この時効援用とは、内容証明郵便で債権者(お金を貸した側)に「借金は時効を迎えましたよ」と伝えるものです。

内容証明郵便とは、郵便局で430円を支払えば送ることが出来るサービスです。

【内容証明について】
一般書留郵便物の内容文書について証明するサービスです。
いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを、差出人が作成した謄本によって当社が証明する制度です。

また、電子内容証明サービス(e内容証明)では、インターネットで24時間受付を行っています。

内容証明の加算料金は430円 (2枚目以降は260円増)となります。
なお、切手でお支払いいただく場合は、封筒に貼付せずに、郵便窓口までお持ちください。

【引用】郵便局ホームページ 内容証明

消滅時効は中断されることもある

ここで2つめの注意点です。消滅時効の期間は中断されることがあります。

どういうことか。例えば、貸金業者側から内容証明郵便で借金返済の督促状を受け取っていた場合、消滅時効は6カ月間延長されます。

ですので、仮に債務者がお金を借りてから5年または10年経過して「消滅時効の日を迎えて内容証明で時効援用の文書も送った。これで借金は消えた」と思っていても、その前に内容証明郵便で返済督促状を受け取っていれば、時効は成立していません。

雨宮先生雨宮先生

催告状でも6カ月間延長されます。

時効をリセットさせる貸金業者の手口

時効期間の延長を知らない債務者も多いので、貸金業者側は時効をリセットさせる手口を使うことがあります。

例えば、時効援用をして借金がゼロになってたと思い込んでいた人が、同じ貸金業者から「またお金を貸せるけど、今は法改正されて前より利息はかなり安くなってますよ。そのかわり、利息はいったん当日払いです。」と言われて、少しお金を借りてその場で利息分を少し払わせる方法です。

この時、実は借金の消滅時効は成立していない期間に返済したことが認められますから、借金時効の起算日がリセットされてしまうのです。

雨宮先生雨宮先生

ここでちょっとでも利息を払ってしまえば、貸金業者からは「消滅時効は6カ月間延長してまだ成立されていないし、利息を払ったんだから時効はリセットされましたよ」と言われてしまいます。

財産が差し押さえられている間も時効カウントは中断される

また、借金の返済をし続けていない間に、何らかの財産を抑えられていた期間があった場合は、その間は時効のカウントが中断されています。

例えば、債権者側から裁判所に強制執行を申し立てられて、住宅が差し押さえられて競売にかけて処分されるまで10カ月間かかっていたとします。この10カ月間は、借金の消滅時効はカウントされません。

雨宮先生雨宮先生

このように、借金の時効のカウントを一時停止させる方法もあります。それを知らずに時効だと思い込んで債権者に会ってしまってトラブルになることもあります。

今回のまとめ

借金には時効があって、貸金業者・法人の場合は5年間、個人の場合は10年間と定められています。ただし、1円も返済していない期間が5年または10年間経過していた場合です。

時効を迎えたら”時効援用”という、内容証明郵便を利用してお金を貸した相手に消滅時効を知らせる手続きをすることで、借金は本当の時効を迎えます。

ただし、消滅時効は中断や延長もあるので注意が必要です。

雨宮先生雨宮先生

時効と思い込んでいても、実際は時効になっていない事があります。時効については借金問題に詳しい弁護士に相談して、確実に処理をする方が安全でしょう。