債務者さんからのご質問

個人再生手続き中ですが、解約返戻金がある生命保険を解約して戻って来たお金で、友人からの借金を返してしまいました。

後から知ったのですが、個人再生手続き中は一部の債権者に返済してはいけないと知って、返還を求めたのですが断られてしまいました。
どうするべきでしょうか?

雨宮先生雨宮先生

個人再生委員の判断にもよりますが、個人再生申し立てが廃止になる可能性があります。難しい事案です。

個人再生申し立て後は一部の債権者に返済してはいけない

個人再生申し立て後一部の債権者に返済しない

個人再生申し立て後は、債権者に平等に返済をするための再生計画を決めてからの返済になります。ですので、再生申し立て後や再生手続き中は、債権者の一部の人だけに借金を返済してはいけないことが法律で定められています。

一部の債権者に返済してしまうことを”偏頗弁済(へんぱべんさい)”と言いますが、これを行ってしまった場合、個人再生申し立てが廃止・または棄却される可能性が高くなります。

または、個人再生で毎月の返済額が上がる可能性もあります。

雨宮先生雨宮先生

難しい言葉で言うと、一部の債権者に返済したことが”清算価値保障原則の規定に反する”ので、「返済できる余裕があるなら他の債権者にも頑張れば返せるだろう」と見なされて、返済額が上がってしまうのです。

返済したことを内緒にしていた場合は?

もし一部の債権者に返済していたことを内緒にしたまま個人再生手続きを続けた場合は、再生委員会の財産調査の段階で保険を解約したことが知られてしまう可能性があって、個人再生が中止になる可能性もあります。

個人再生で再生計画を作る場合は、収入・支出の全てを細かく調査します。途中で生命保険の支出が無くなっていることは簡単に知られてしまうでしょう。

偏頗弁済の返還要求に関する規定もない

また問題なのは、個人再生中に一部の債権者にお金を返済してしまったものを、「もう1度返還して欲しい」と交渉が通って返還してもらった場合の規定が無いことです。

債権者側からすれば、自分が貸したお金が個人再生で減額されてほとんど回収できないことを考えると、普通は返還に応じようとはしません。

ですので、裁判所や個人再生委員の判断にもよりますが、個人再生が途中で棄却されるか、再生計画の見直しがかけられて、返済額が上がってしまう可能性が高くなると言えます。

今回のまとめ

個人再生申し立て後や手続き中に、一部の債権者だけに返済をすることは偏頗弁済(へんぱべんさい)になって、清算価値保障原則の規定に反します。

つまり、個人再生手続きが途中で棄却されるか、再生計画案の見直しになる可能性が高くなります。

雨宮先生雨宮先生

債務整理中は、個人の判断で行動すると債務者に不利な問題が起こります。
弁護士にじっくりご相談されることをお勧めします。