債務者さんからのご質問

「債務整理をしたいけど家族にばれたらどうしよう?」と行動を迷っています。

家族にばれない方法はあるでしょうか?

雨宮先生雨宮先生

自己破産・個人再生・任意整理のどの債務整理をするかで変わってきますが、債権者からの督促や弁護士からの連絡に気を付けるなどの対処策をしておけば、家族にばれる可能性が低くなります。

債務整理が家族にばれる原因と、ばれないための対処策

債務整理が家族にばれる原因とばれない方法

それでは、家族に債務整理がばれてしまう5つの原因とその対処策をご紹介していきます。

1.債権者からの督促でばれる

債務整理を自分でやろうとして債権者への連絡や返済を止めてしまうと、自宅への電話や郵便物での督促の連絡がきます。そして、それが同居の家族に見つかりばれる可能性があります。

自分で債務整理をすることもできますが、このやり方ですと債権者からの督促が止まるまでに時間がかかってしまいます。すると、債権者から自宅や家族に督促連絡が行ってしまう可能性が高いため、お勧めできません。

対処策:弁護士(司法書士)に債務整理を依頼する

弁護士(司法書士)に債務整理をお願いした場合は、依頼後すぐに債権者宛に「今後は私(弁護士)が窓口になるため、債権者(あなた)に直接連絡せずに全て私宛に連絡をして下さい」という”受任通知”を送付してくれます。

この受任通知を受け取った債権者は、借金の督促や交渉を弁護士と直接します。そのため、自宅・家族・あなたの携帯宛に督促をしてくることが無くなります。

雨宮先生雨宮先生

借金の返済が難しくなったら、すぐに債務整理や借金問題を専門に扱っている弁護士に相談することをお勧めします。なぜなら、返済が遅れると自宅宛に督促がきて、家族に借金がばれる可能性が高くなるからです。

2.弁護士(司法書士)からの連絡・郵送書類でばれる

弁護士からの自宅への電話や郵便物によって、家族に債務整理がばれる可能性があります。

例えば、自宅の留守電に弁護士からのメッセージが入っていたり、弁護士事務所名の入った封筒が自宅に届くと「どうして弁護士から連絡がくるの?」と家族から問いただされてしまうからです。

対処策:弁護士に連絡方法と郵便物の管理方法を指定する

弁護士からの連絡先を、携帯(スマホ)だけに指定して下さい。そして、郵便物は弁護士事務所で預かってもらうか郵便局留めにしておきましょう。

【関連リンク】郵便局留めを利用する際は、郵便局留・郵便私書箱の利用方法を参考にして下さい。

雨宮先生雨宮先生

債務整理が家族にばれてしまう1番の原因は郵便物です。ですから、同居の家族がいらっしゃる場合は自宅に届かないように弁護士に指定しておきましょう。

3.自分の携帯(スマホ)の着信履歴や留守番電話でばれる

弁護士や裁判所の連絡先を正直にそのままの名称で登録していて、家族が着信履歴や留守番電話を聞いてしまい債務整理がばれることがあります。

例えば、家族と一緒の時に弁護士からの電話に出れず、そっと外に出て電話をかけているのを妻(夫)に見られてしまった場合です。

あなたが家族の前で電話に出ないことを不審に思った家族が、「誰と電話していたんだろう?」と着信履歴を確認した結果「何で弁護士と連絡とっているの!」と問いただされる可能性があります。

対処策:弁護士や裁判所の連絡先は個人名で登録をしておく

弁護士(司法書士)の連絡先を登録するときは、個人名にしておき「これは誰?」と聞かれたときに「〇〇関係の友達(知り合い)だよ」と返答できるようにしておきましょう。
そして、家族の前で電話に出られない場合はマナーモードにしておくことを、お勧めします。

もし、自宅にいるのにマナーモードしておくと妻(夫)に不審に思われてしまう場合は、電話に出て掛け直すようにしましょう。弁護士を会社関係者や友人として設定している場合の対応例を紹介しておきますので、参考にして下さい。

例1:会社関係者に設定している場合

電話に出て「すいません、手元に書類がないため探して掛け直します」と仕事の連絡がきたように対応します。そして、家族に「すぐに連絡しなくていいの?」と聞かれたら、「会社に書類を置いてきたから明日連絡する」と伝えましょう。

例2:友人に設定している場合

電話に出て「じゃあ、予定を確認してから連絡するよ」と飲み会やイベントの誘いがきたように対応します。その後、家族に「あの誘いはどうしたの?」と聞かれたら、都合が合わなくて無くなったことにしましょう。

着信があったのに電話に出ないと、家族に不審感を持たれてしまいます。ですから、1度出てから掛け直すようにしましょう。

雨宮先生雨宮先生

弁護士(司法書士)に依頼する時に、家族に内緒で債務整理をしたい旨を伝えておいて下さい。そして、留守番電話にもメッセージを残さないようお願いしておきましょう。

4.過払い金の振込先に注意する

任意整理をして、過払い金の返金先の口座情報で家族に債務整理がばれる可能性があります。
例えば、光熱費や電話料金が引き落とされる口座を使用すると、妻(夫)が現在の残高確認や入金をする際に、振り込み金額や振込名義を見て「このお金は何?」とばれてしまいます。

対処策:自分専用の口座を指定して通帳は見つからない場所に保管する

過払い金返還請求をする場合は、返金先の口座は自分専用の口座を指定しましょう。そして、通帳は家族に見られない場所に保管しましょう。

雨宮先生雨宮先生

戻ってきたお金を使うときも注意して下さい。なぜなら、高額な買い物などに使用すると家族は「そんなに大金どうしたんだろう?」と疑問に思う可能性があるからです。

5.家族が保証人になっている場合

家族が保証人になっている借金があると、自己破産や個人再生をすることで債権者が保証人宛に督促をするため、債務整理がばれてしまいます。

対処策:保証人をつけていない借金のみを任意整理する

自己破産や個人再生は、整理する借金が選べません。そのため、保証人がついている借金がある状況ですると、債権者から保証人宛に返済請求がきてしまいます。

ですから、保証人のついていない借金のみを任意整理しましょう。

保証人の詳細については、保証人と連帯保証人はどう違いますか?を参考にしてください。

雨宮先生雨宮先生

任意整理の場合は、自分で整理したい借金を選べるメリットがあります。そして、利息・延滞金のカットや過払い金の計算により借金が減額されて、借金総額が少なくなるため毎月の返済が楽になる債務整理です。

家族にばれやすい債務整理とばれにくい債務整理がある?

家族にばれやすい債務整理、ばれない債務整理

家族にばれやすい債務整理は自己破産と個人再生の2つで、家族に一番ばれにくいのは任意整理です。

自己破産と個人再生が家族にばれやい理由

自己破産と個人再生の手続きがばれやすいのは、裁判所に提出するための財産や家族の収入情報が必要になるからです。家族に自己破産や個人再生がばれやすい4つの原因は以下の通りです。

1.財産の価値を調べる必要がある

裁判所に提出する財産目録の調査をしていて、家族にばれてしまうことがあります。
例えば、家族の車や装飾品を査定に出したことや生命保険の解約返戻金の確認をしたことが発覚して、問い詰められる可能性があります。

2.家族の収入を調べる必要がある

裁判所に提出する書類には、配偶者の収入を証明する給料明細や源泉徴収票が必要になります。この書類は、家族に内緒で手に入れることが出来ません。

3.自己破産は持ち家を手放すことになる

家族が仕事をしていない場合は、給料明細や源泉徴収票の提出は不要です。ですが、自己破産をすると持ち家を残せないため、最後には家族にばれてしまいます。

4.5~10年間ローンが組めない

自己破産や個人再生をすると、最大10年間ローンが組めなくなります。そのため、ローンを組む場合は家族名義で契約することになります。

その場合、「どうしてあなた名義でローンを組まないの?」と疑問に思われて問い詰められる可能性があります。

雨宮先生雨宮先生

自己破産や個人再生をする場合は、家族に正直に話す必要があります。そして、2度と借金生活に戻らないためにも家族と協力して、収入の中で生活する努力をしましょう。

家族に1番ばれない債務整理は”任意整理”です

任意整理”は家族にばれる可能性が1番少ない債務整理です。任意整理の4つのメリットを以下にまとめたので参考にして下さい。

任意整理が家族にばれにくい4つのメリット

ポイント

  1. 官報に載らない
  2. 家族の収入情報が必要ない
  3. 債務整理する債権者(借り入れ先)を選べる
  4. 持ち家や車を残せる

上記のメリットがあるため、債務整理の中でも任意整理は家族にばれずに進められます。

ただし家族が保証人になっている場合は、その債務を避けて整理しないと、債権者から家族宛に返済請求が行くので注意しましょう。

任意整理の詳細については、任意整理のメリットとデメリットは?のページも参考にして下さい。

今回のまとめ

家族にばれないように債務整理をするときは、任意整理を選ぶ必要があります。
なぜなら、個人再生や自己破産に必要な書類の中には、財産の査定や家族の給料明細・源泉徴収票が必要になるからです。

そして、弁護士からの連絡や郵便物でばれないように、連絡先を自分の携帯に指定して留守電を入れない・郵便物を預かっていてもらうか郵便局留めにする必要があります。

雨宮先生雨宮先生

高額な借金があり任意整理をしても返済が難しい場合は、正直に家族に話して返済や節約に協力してもらいましょう。なぜなら、無理に任意整理をしても返済が出来なくなり、最終的に自己破産をすることになる可能性が高いからです。