債務者さんからのご質問

カードローンやキャッシングでお金を借り過ぎて、気付けば借金が300万円に膨れ上がっていました。
毎月の返済金額が高くて、もう生活するだけのお金が全然ありません。

どうしたらよいでしょうか?

雨宮先生雨宮先生

生活するお金が無いくらいまで追い込まれているのであれば、個人再生や自己破産、任意整理を考えるべきだと思います。

高すぎる借金を返した場合は方法は2つしかない

高すぎる返済額の借金を返す方法は、「多く収入を得る」「借金を減らす」の2通りしかありません。

ですが「多く収入を得る」とはいっても、次の月から突然収入が多くなることはありません。「負けた分を取り返す」という熱に侵されるギャンブルは、結局は胴元の手の平で、経営者が一番儲かる仕組みです。ギャンブルの還元率はとても悪いので、何百万円もの借金を取り返すことはとうてい無理でしょう。のめり込むと逆に借金を増やすだけです。

となれば、「借金を減らして、今得られている収入から返済できるようにする」という方法を取るしかありません。

国の救済制度で返せない借金は減らすことが出来る

ほとんどの人は多額の借金を抱え込んでも、「借りたものは返さなきゃ」という考えに縛られて生活を犠牲にしてでも返済を続けます。

娯楽や趣味で抱えた借金であれば、「自己責任だから返済するのが当然」と思うのも分かります。ですが、将来的に完済できる見込みのない借金を抱えていても、利息が増え続けて元本が減らない状態までになってしまえば、いつかはパンクしてしまうでしょう。最悪の場合は、死を選ぶ方もいます。

ですが、そんな借金が返せなくなった方のために、国は”債務整理”という救済方法を用意しています。

国が用意している主な債務整理方法は個人再生と自己破産

裁判所を通す借金返済・債務整理方法

日本では裁判所が用意している主な債務整理として、”個人再生(個人民事再生)”と”自己破産”があります。

自己破産は借金がゼロになる

自己破産という言葉は耳にした方も多いのではないでしょうか。企業なんかが何億もの負債を抱えて倒産する時に行う手続きと一緒ですが、財産が処分される代わりに借金がゼロになります。

ですが、自己破産ではデメリット面もありますので、債務整理の方法としては最終手段となります。

自己破産について詳しくは、自己破産をするメリットとデメリットは?をご参考にしてみてください。

個人再生は借金が5分の1に、財産も手放さずに済む

次に、もし「マイホームのローンも払っているし、家族が住んでいるので手放したくない」という人の場合は、個人再生(民事個人再生)という方法があります。

この債務整理方法では、借金の総額が5分の1~10分の1にまで減らすことができます。例えば500万円の借金であれば100万円まで減らせます。残った借金は利息も発生せず、3年~5年で返済します。

さらに、住宅ローンや車、生命保険などの財産を裁判所側から競売や処分されることもありません。

個人再生について詳しくは個人再生のメリットとデメリットで説明していますので、ご参考ください。

雨宮先生雨宮先生

個人再生はメリットが多い債務整理方法ですが、手続きがとても難しいので債務整理専門の弁護士への依頼がほぼ必須になります。無料相談をしている事務所も多くなっているので、悩みを早く楽にするためにご相談されることをお勧めします。

”任意整理”という債務整理方法もある

裁判所を通さない債務整理方法としては、”任意整理”があります。

これは、弁護士や認定司法書士が、お金を貸した側(債権者)に「借金や利息を減らしてください、でないとこの債務者さんは自己破産することになります」というように直接交渉して借金を減らす方法です。

お金を貸した側にとっては、債務者が自己破産しお金がほとんど回収できなくなることは損になるので、借金の総額を2割ほど減らしたり、これからの利息や遅延損害金のカットに応じることもあります。

国や裁判所を通さないので、手続きが早く会社や家族にもばれにくいメリットがあります。

任意整理については任意整理のメリットとデメリットは?のページで説明していますので、こちらもご参考ください。

返済金額が高いと思ったら、借金問題・債務整理専門の弁護士に相談するほうが有意義である

借金問題債務整理井専門弁護士

「返済金額が高い」「このままだと借金を返し続けるのは絶対に無理だ」と思ったら、借金や返済をただ繰り返すだけの時間の使い方はただの無駄です。返済できなければ、利息や遅延損害金が積み重なっていくだけです。

それよりも、借金問題の解決方法を知っている専門弁護士に「どんな解決方法があるのか」「どうすれば返済できるのか」「自分に合った債務整理方法はどんなものか」「どうすれば借金生活を脱出できるのか」を1度相談する方が、今後の人生の歩みに有意義ではないでしょうか。

雨宮先生雨宮先生

1人で悩んでいては、今までと同じ事を繰り返すだけです。今の借金返済生活を変えるためには、自分を変える必要があります。そのためには”行動が必要”です。
その一歩目として、専門家にご相談されることを考えてみてはいかがでしょうか。