債務者さんからのご質問

債務整理をする予定です。
これからローンを組みたい場合はどうなるのでしょうか?
住宅ローン、教育ローンを組むかもしれません。

雨宮先生雨宮先生

債務整理をすれば、短くても5年間は新しくローンを組むことは出来ないでしょう。

債務整理をすれば短くても5年はローンを組めない

債務整理でローンは組めなくなる

債務整理をすれば、短くても5年間、長いと10年間は新しくローンを組むことができなくなります。

なぜなら、個人信用情報機関の”ブラックリスト”に「債務整理者」「借金事故者」として個人情報が載ってしまうからです。

【関連ページ】ブラックリストに載るとどうなる?仕事は続けられるか

ローンの審査する時は銀行や貸金業者が個人信用情報機関に情報照会をする

どんな貸金業者や銀行でも、借金やローンを申し込まれれば、すぐに信用情報機関に「この申込者にお金を貸して大丈夫か」を審査するために情報照会をします。

有名なところでは、日本信用情報機構(JICC,旧全国信用情報センター連合会、旧シービービー)、信販会社やクレジットカード会社が利用するCIC(シーアイシー)、全国の銀行が用いる全国銀行個人情報信用センター(全銀協)、全国銀行協会・社団法人・日本クレジット産業協会が一緒になって構築しているRIN(リン)、日本情報センターのPRISデータベースを利用します。

債務整理をしてしまうと、これらの信用情報機関に名前が登録されてしまって、「何社から借りていて、いくら債務整理をしたのか」「どのくらいの期間滞納したのか」などが全て知られてしまいます。

雨宮先生雨宮先生

これらの信用情報データベースは個人でも利用できるものがあります。自分の情報が登録されているかをネットで簡単に確認できます。

ブラックリストに掲載される期間

ブラックリストに掲載されると、5年から10年間は自分の情報は消えません。

例えば任意整理であれば5年~7年、自己破産や個人再生なら7年から10年間登録されます。

そしてブラックリストに登録されている期間は、信用情報機関によって異なります。例えば自己破産であれば、JICCでは10年ですがCICでは7年間になっています。

ですので、ローンを申し込んだ貸金業者や銀行がどこの信用情報機関に情報照会するかで、ローンの審査が通るタイミング年数が変わります。

収入が高い場合はローン審査が通る場合もある

ブラックリストに登録されていれば、ほとんどの銀行やローン業者では審査を通しません。ですが、債務整理後にしっかりとした定職に就いて収入も高い場合だと、債務整理をしてから2~3年で住宅ローン審査が通った例もあります。

審査が通るかは、銀行の融資担当者や債務整理の内容に左右されることが多いようです。例えば、夫が公務員で妻が中堅企業の正社員だった場合は、将来的な給与の安定が見込めます。こういった条件であれば、ローン審査が通る可能性は出てくるでしょう。

雨宮先生雨宮先生

ローンの審査担当者によっては、どんな理由で債務整理をしたのかを聞いてくることもあります。例えば連帯保証人で借金を背負った場合だと、審査は少し緩くなったりすることもあります。審査をする企業や担当者によって見方がさまざまです。

注意!闇金に手を出したら絶対いけません

「どこもローンが通らない」「どこもお金を貸してくれない」といって、闇金に手を出す債務整理者がいますが、これは絶対やめてください。

闇金の金利は10日に1割~5割、酷いところだと7割もあります。さらに、返済日にわざと連絡を取れないようにしておいて、次の日に「遅延損害金が発生したから」など、ありとあらゆる手を使ってお金を吸い上げようとするプロです。

早い話、闇金から借りたお金は刑事告訴してしまえば返済する必要も無くなるのですが、いまだに債権を反社会勢力に売って回収する業者もいたりと、どんな目に遭うかは分かりません。

闇金業者の見分け方は、「悪質な貸金・闇金業者を見分ける方法を教えて欲しい」のページをご参考ください。

雨宮先生雨宮先生

普通に借金が出来なくなると「無審査」「無担保」という広告が目に留まりやすくなるものですが、グッと我慢して絶対に手を出してはいけません。

今回のまとめ

債務整理をすれば個人信用情報機関のブラックリストに載ってしまい、借金に対する信用を失います。5年から10年は新たなローンを組むことができなくなります。

ですが、収入が安定していたり、債務整理をした理由とローンを審査する企業や担当者によっては、2~3年でもローン審査が通るケースもあります。

雨宮先生雨宮先生

債務整理には借金を減らせるメリットがありますが、しばらく借金できないデメリットもあるのです。