債務者さんからのご質問

他の借金を残して、消費者金融1社だけの借金を債務整理することは出来ますか?

雨宮先生雨宮先生

はい、出来ます。1社だけを整理したい場合は、任意整理を利用して債務整理が可能です。

任意整理なら1社だけでも整理が出来る

1社だけの任意整理はできる
任意整理は、債権者を選んで1社だけの借金整理をすることができます。

他の債務整理方法である自己破産や個人再生では、全ての債権者が対象となります。個人再生では、住宅ローンを除いた全ての借金が対象となるため、債権者を選んで債務整理が出来ません。

ですので、1社だけを整理したい場合は任意整理を利用することになります。

1社だけ任意整理をするデメリット

任意整理にはメリットとデメリットの両面があります。これは1社だけの借金を任意整理した場合でも、3社の借金をを任意整理した場合でも、デメリットは変わりません。

デメリットの代表例としては、ブラックリストに5年間載る・5年間は新しい借入やローンが組めなくなります。

任意整理は、個人再生・自己破産と比べて弁護士費用が安く気軽に依頼できるため、デメリットを理解せずに利用して後悔をする人もいます。
ですから、しっかりデメリットを理解しから依頼するかを決めましょう。

合わせてチェックしておくべきページ

任意整理をするときに注意することは?

任意整理は、これから発生する借金の利息をカットできたり返済期間の延長などが可能です。

借金の額が大きく返済予定期間が長ければ、カットできる利息の金額も大きくなりますから、任意整理をするメリットも大きくなります。
さらに過払い金が発生していれば、借金の元金も大幅に減らすこともできます。

ですが、返済する期間が短かったり、借金額が少なければ、弁護士費用の方が高くなってしまって損をする可能性もありますので注意してください。

過払い金が発生しているか確認する

法律で決められている金利での借金は、基本的に過払い金は発生していません。任意整理をしても将来利息(これから発生する利息)のカットだけになります。

ですが、法律で決められた金利を超えて借入れた場合は、過払い金が発生しています。
過払い金がある場合は、大幅に減額・手元に支払い過ぎたお金が戻ってくるため、弁護士費用を差し引いてもメリットが大きくなります。

雨宮先生雨宮先生

2010年以降に借りた借金には、過払い金は発生していない可能性は高いです。
ですが、1社の借金でも額が大きければ、利息をカットできるだけでも任意整理をする意味は大いにあります。

弁護士(司法書士)費用の設定を理解しておく

任意整理の弁護士(司法書士)費用は、1件2~6万円で依頼が出来ます。それ以外に、報奨金の設定がある場合は減額できた金額によって、追加で支払うシステムになっています。

この費用設定を理解した上で依頼しないと、減額が出来ても弁護士(司法書士)費用を支払ったら、実質10万円程度のメリットにしかならないケースがあります。
任意整理は、1件だけの依頼だと金額が高い事務所も多いので、その金額設定の確認を忘れずにしましょう。

相談料金は、初回のみ無料相談を受付けているところもありますので、探してみて下さい。

任意整理費用の例(1件の場合)

例1:12万円の減額に成功した場合の費用
例2:50万円の過払い金回収に成功した場合

弁護士(司法書士)事務所 着手金 報奨金(減額成功) 報奨金(過払い金回収) 例1支払費用 例2支払費用
A社 完済案件は0円
2万円
※20万円以下の場合は総額の10%
減額成功額の10% 回収金額の20% 3.2万円 10万円
B社 完済案件は0円
6万円
※2社以上の場合は1件4万円
無し 回収金額の20% 6万円 10万円
C社 4万円 減額成功額の10% 訴訟無:7~20%
訴訟有:3~25%
5.2万円 訴訟無:14万円
訴訟有:16.5万円
※最大金額で計算
雨宮先生雨宮先生

上記の表のように、依頼する弁護士(司法書士)事務所によって支払う費用も変わってきます。
事前に調べて、疑問点などあれば相談時にしっかり確認しておきましょう。

合わせてチェックしておくべきページ

任意整理をして3~5年で完済できる収入の見込みがある場合に依頼する

任意整理を利用して借金を減額しても、3~5年で完済できる収入がないと債権者から認められずに、失敗に終わってしまうこともあります。

任意整理はあくまでも”消費者金融側との和解”です。

債務者側が「7年で返済したい」といっても、相手が「5年以内の返済条件じゃないと和解は厳しい」とかたい姿勢をみせて交渉が決裂する可能性もあります。

雨宮先生雨宮先生

返済条件は債務者さんとお金を借りている相手次第によって変わります。
中には10年での返済が認められた例もありますので、収入が少なくても任意整理が成功することもあります。

一括返済が可能であれば利用する

一括返済のお金が用意できる場合は、弁護士(司法書士)に相談をしましょう。なぜなら、弁護士の交渉次第では、さらに減額できる可能性があるからです。

例えば、最初の減額交渉では将来利息のカットだけの場合でも、一括返済を提案して元金の10%程度の減額に成功するケースがあります。
その他にも、最初にまとまった金額を返済して減額交渉をすることも可能です。

詳しくは、任意整理で一括返済を選択するメリットは?のページも参考にして下さい。

今回のまとめ

消費者金融1社だけを債務整理したい場合は、任意整理を利用します。1件だけを整理しても、ブラックリストに5年間載る・5年間は新しく借入れやローンが組めないなどのデメリットがあるため、メリットと比較した上で利用を考えて下さい。

1社だけの任意整理でも、金額が大きければ将来利息をカットできるだけでも、実質100万円近く減額できることになるケースもあります。

雨宮先生雨宮先生

任意整理は、債務整理を専門にしている弁護士事務所などに依頼すると、経験も豊富ですので成功する可能性は高くなります。