債務者さんからのご質問

債務整理を考えていますが、140万円以上の借金でも司法書士に相談できますか?

雨宮先生雨宮先生

司法書士には1件につき140万円以上の債務整理の相談はできません。高額な債務整理の場合は、弁護士に相談して下さい。

司法書士(認定司法書士)に依頼できる債務整理には制限がある

司法書士へ140万円以上の借金相談

司法書士に扱える債務整理の相談は、1社あたりの借金が140万円以下のものと決められています。

例えば3社の金融機関から140万円ずつ借りていたとします。この場合は、全ての借金を司法書士に相談することができます。

ですが、3社のうち1社の借金が200万で残り2社が140万円だった場合は、140万円以下に該当する2社の借金しか相談する事ができません。残り1社の200万円については相談不可ですので、弁護士に相談する必要があります。

雨宮先生雨宮先生

1社あたり140万円以下の借金については、認定司法書士に相談しても大丈夫です。

債務整理は司法書士ではなく認定司法書士にしか相談できない

ただの司法書士には債務整理の処理をすることはできないので注意してください。

司法書士は、法務省が実施している司法書士試験に合格して、司法書士会に登録をした者です。この資格で、登記・供託業務を行っています。

そして、法務省が行う一定の研修・簡裁訴訟代理等能力認定考査を受けると”認定司法書士”と認められ、簡易裁判所関係の業務が扱えるようになります。この認定を受けた司法書士が、認定司法書士です。

そのため、認定を受けていない司法書士では1件が140万円以下であっても、交渉・和解・訴訟の代理ができません。

【関連ページ】債務整理や借金相談は弁護士と司法書士どっちに相談すればいいですか?

雨宮先生雨宮先生

債務整理の相談をする場合は、前もってに認定司法書士なのかを確認してからにしましょう。
司法書士全体における認定司法書士は7割ほどです。3割はただの司法書士ということになります。

個人再生・自己破産も検討している場合は注意を

司法書士は自己破産や個人再生手続きはできない

司法書士への借金問題相談で注意して頂きたいのは、「個人再生や自己破産も検討している場合」です。

先に解説したとおり、認定司法書士は140万円以下の借金についての交渉・和解・訴訟の代理はできます。

ですが、相談しているうちに「個人再生・自己破産をした方が良い」という結論になりそうな場合、認定司法書士は書類の作成までしか行うことができません。
他の手続きは全て自分で行うことになりますので、注意してください。

もし弁護士に相談をしていれば、債務者本人の代わりに裁判所に行ったり、審尋(裁判官との面接のようなもの)に同席するなどの手続きをしてくれます。

雨宮先生雨宮先生

つまり、「自己破産も個人再生もするつもりが無く、任意整理で借金を解決したい」という方は、認定司法書士への相談が適している場合もあるということです。

1社あたりの借金が140万円を超える借金の任意整理・個人再生・自己破産の相談は弁護士にする

1件が140万円を超える借金がある場合や、個人再生や自己破産も視野に入れている借金問題については、最初から弁護士に相談されることをお勧めします。
弁護士には、代理人としての制限がないため、すべての債務整理を扱えます。

最近では、司法書士の方が弁護士よりも費用が少し安いため、司法書士に依頼する方も増えています。ですが、過払い金が140万円以上になったとき・債務整理が上手くいかず自己破産する場合は、改めて弁護士に依頼をすることになってしまいます。

そのため、司法書士と弁護士の両方に費用が発生するケースがあるのです。弁護士は費用設定が高いと感じますが、借金問題が解決するまで頼れる安心のための費用と考えてみて下さい。

【関連ページ】借金整理・債務整理でかかる弁護士費用はいくらですか?

雨宮先生雨宮先生

費用の支払いが心配な方は、弁護士費用の分割払いも可能になっていますので、相談時に確認をして下さい。

今回のまとめ

認定司法書士は1社あたり140万円以下の借金について、任意整理の相談・手続きが可能です。自己破産や個人再生については書類作成のみとなります。

弁護士の場合は全ての借金問題の相談・手続きができて、代理人になることもできます。

雨宮先生雨宮先生

あなたの借金問題によって、認定司法書士・弁護士のどちらに依頼するか考慮しましょう。