債務者さんからのご質問

債務整理はすれば利息の免除は確実にされるのでしょうか?

雨宮先生雨宮先生

返済能力が低い状態で債務整理をすれば、利息が免除される可能性はかなり高いです。

返済能力が無ければ債務整理で利息免除される可能性は高い

債務整理で利息免除になりますか?
借金の返済能力が低い状態で債務整理(任意整理や個人再生)をすれば、よほどの理由が無い限り将来利息の免除の和解にいたるケースは多い状況です。

利息が免除されない理由

「よほどの理由」とは、例えばお金に換えられる財産を沢山持っていたり、給与が比較的高いのに毎月の娯楽費にお金をかけ過ぎている場合などです。

また、毎月の収入が少なすぎて「この状態では利息を免除しても返済は不可能だろう」と判断された場合でも、利息の免除をしてもらえる可能性は低くなります。

任意整理や個人再生の場合、金融業者との和解交渉では「利息を免除して3年~5年で返済できるか」が審査されます。

利息を免除しても3年~5年で返済できないと判断されれば、「自己破産をした方が良い」という判断が下され、和解には至りません。

雨宮先生雨宮先生

債権者側は「どの債務整理だと一番メリットがあるのか?」を考えます。
自己破産をしてもらった方がお金を回収できると判断されれば、利息の免除に至らないこともあります。

個人再生の返済期間は最長5年

個人再生”という債務整理でも利息の免除を受けることができますが、返済期間は長くても最長5年と決められています。

個人再生申し立ての時に3年か5年かを選択します。5年で返済できないと判断されれば、再生計画手続きが中止になり、自己破産を勧められます。

雨宮先生雨宮先生

個人再生は財産を手放すことなく、借金を5分の1~10分の1に減らして、利息も免除できる方法ですがが、裁判所が介入しますので審査も厳しめです。

合わせてチェックしておくべきページ

任意整理では返済期間が5年以上で和解されるケースもある

ちなみに「返済期間3年~5年」はあくまで一般的な話です。

任意整理の場合は、裁判所を通さない自由な交渉と和解を求める債務整理ですので、金融業者側が「自己破産をされたら大損になる」と判断すれば、返済期間5年以上で和解するケースもあります。

返済期間5年以上で和解したケース

私が知っている債務者Aさんの例をご紹介します。

Aさんはカードローンの多重債務で返済不能になって、最初は自己破産を考えていました。ですが、弁護士に相談したところ、Aさんが就いている職業は”自己破産手続き中に制限を受ける職業資格”に該当するものでした。

つまり、自己破産の手続き中の半年ほどは仕事ができなくなって、収入が途絶えてしまう状況であることが分かりました。

これだと生活することが難しくなるので、金融業者に事情を話したうえで”任意整理”の交渉をして、返済期間10年で和解することになりました。
利息と遅延損害金の免除が受けらることになり、仕事も続けていくことができました。

雨宮先生雨宮先生

このケースでは、自己破産をされれば金融業者にとっても損になるので、返済期間10年を承諾した側面もあります。

合わせてチェックしておくべきページ