債務者さんからのご質問

借金の返済ができなくなりました。これから債務整理(任意整理)を弁護士の先生にお願いしようと思っています。

弁護士料金は先に支払う必要があるのでしょうか?(前払いでしょうか?)

雨宮先生雨宮先生

弁護士の料金報酬や支払い方法は自由化されていますので、弁護士事務所によって違います。

債務整理の弁護士料金の支払い方法

債務整理の弁護士料金は先に支払う必要があるのか前払いか

債務整理における弁護士料金の支払い方法は、弁護士の先生や事務所によって異なります。

一般的には以下に挙げるケースがあります。

弁護士料金の支払い方法

  1. 先に仕事の全ての見積額の支払いを済ませてから依頼を履行する方法(前払い方式)
  2. 先に着手金だけを支払ってから依頼を履行、和解が終わったら成功報酬を後で追加支払いする方法
  3. 着手金がゼロなので、和解が終わってから成功報酬だけを後で支払いする方法

順に詳しく説明していきます。

1.先に全ての支払いを済ませてから依頼を履行する方法

相談を受けた債務整理にかかると予想される費用の全額を、先に支払い終わってから手続きを履行する方法です。つまり前払いです。

債務整理でかかる料金は着手金・成功報酬・実費の3種類があります。相談者である債務者さんの借金や収入の状況を詳しく聞けば、料金はおおよその見積もりを出すことができます。支払いは振込になります。

もし和解が成功しなかった場合は、成功報酬分は返金されます。実費については、前払いした料金より少なく済めば差額分が返金されます。

雨宮先生雨宮先生

支払い能力に不安のある債務者さんの場合、前払い方式にしていることもあるようです。
この支払方法をする弁護士事務所は多くはないと思います。

2.先に着手金だけを支払い、後から成功報酬を追加で支払う方法

着手金だけを前払いする方法を採用されている弁護士事務所が多いと思います。

例えば任意整理の場合は、着手金(金融会社1社あたりのが2万円~4万円)を先に支払って、あとで成功報酬(固定の2万円~4万円・または減額分の10%~20%)を支払います。

もし過払い金が発生していた場合は、弁護士料金と相殺されます。過払い金の方が弁護士報酬を上回っていれば、その分が債務者さんの口座に振り込まれます。

雨宮先生雨宮先生

成功報酬は分割支払いにしてくれる弁護士事務所も多くなっています。
個人再生や自己破産だと料金の体系は変わります。

3.着手金がゼロなので、和解が終わってから成功報酬だけを後で支払いする方法

過払い金が発生していると分かっている借金について、この支払い方法が採用される事務所があります。

過払い金を取り戻せると分かっていれば、弁護士事務所側も報酬を取りはぐれるリスクが少ないので、着手金をゼロにして過払い金請求手続きを履行します。

過払い金を取り戻した場合の成功報酬も弁護士事務所によってさまざまです。
たとえば、成功報酬が金融会社1社あたり2万円+取り戻したお金の10%にしていたり、取り戻したお金の20%だけにしていることもあります。

依頼する前に支払い方法はよく話し合っておくこと

弁護士の先生に債務整理を依頼する場合は、相談の時に支払い方法についてよく話し合っておくことが必要です。

お金が無いのに、最初に相談した先生が「全てを前払いしないと基本的に依頼は受けられません」と言われたら、他の弁護士の先生を探してみることです。

冒頭でも書きましたが、弁護士の料金や支払い方法は自由化されていますので、ご自分の状況に合った支払い方法で受けてくれる弁護士の先生は、探せば見つかると思います。

相談や手続き中は礼儀正しく

また、真摯で礼儀正しい態度や対応をしていれば、分割支払いに応じてくれることもあります。
弁護士の先生も一人の人間ですから、態度が悪かったりコミュニケーションができない相談者には不安を感じるものです。そういう方から相談を受けると、「依頼を履行しても支払ってもらえないのでは?」と考えて、「一括で支払ってください」と言うことがあるのは決して間違ってはいません。

雨宮先生雨宮先生

弁護士料金の設定や支払い方法、人間性もさまざまです。
債務整理はこれからの生活においても大事なことですし、料金の支払いも大事な部分ですから、依頼前にしっかりと確認してください。