債務者さんからのご質問

個人再生をすると、持っている有価証券はどうなるのでしょうか?

雨宮先生雨宮先生

個人再生では、資産を手放す必要がないので有価証券を手元に残せます。

個人再生では財産を残すことができる

個人再生をすれば有価証券はどうなるか

個人再生は借金を減らすことは出来ても、自己破産と違い財産を売却する必要はありません。
ですが、資産の大きさと反比例して借金の減額幅が少なくなります。

減額後の借金額は、没収される財産額よりも下回ることはない

個人再生をして減らせる借金の限度額は、自己破産をした場合の金額以上になります。
この措置は、債権者が不当に損をしないように定められているためです。

別の言い方をすると、「お金を貸した人が、お金を借りた人に自己破産されるよりも損をしないような仕組み」です。これを”清算価値保証”と言います。

もう少しかみ砕きます

分かりにくいかもしれないので、もう少しかみ砕いて説明します。
例えば、自己破産をすればお金を貸した人は没収財産から100万円回収できるのに、個人再生をされたら50万円しか回収できなかったとしたら、これは不平等ですよね。

個人再生をすれば財産が没収されることはありません。ですが、こういう不平等が起きないように、持っている財産価値のぶん、個人再生で減額された借金に上乗せしたり、財産額相当ぶんのお金を返済するような仕組みになっています。

有価証券も財産として対象になり、沢山持っていれば返済する借金額は高くなる

返済金額の決定は、財産価値を認められた総額や一番高額なもので設定されます。

ですので、有価証券の価値が個人再生で残った借金額よりも高い場合は、有価証券の価値と同じ分を返済することになります。
沢山持っているほど、返済する借金額も高くなってしまいます。

ちなみに、財産として認められるものは20万円以上の価値のあるものです。ですから、20万円以下の有価証券は財産に該当しません。

清算価値に含まれない財産

  • 99万円以下の現金と預金
  • 時価20万円以下の物:生命保険の解約返戻金・車両・装飾品など
  • 生活に必要な家財道具
  • 支給見込み額の8分の1が20万円以下の退職金
    ※例:総支給額140万円は8分の1が17.5万円のため財産に含まれない
  • 賃貸物件の敷金

合わせてチェックしておくべきページ

有価証券を持っている人が個人再生した場合の返済額の例

それでは、持っている財産が有価証券しか無かったと想定して、個人再生後の返済金額はどうなるのかをご紹介していきます。

【例1】借金総額が480万円で有価証券が150万円の場合

個人再生で借金は100万円に減額されますが、清算価値のある150万円の有価証券があるため、弁済額は150万円以上となる。

【例2借金総額が1,200万円で有価証券が300万円の場合

個人再生で借金は240万円に減額されますが、清算価値のある300万円の有価証券があるため弁済額は300万円以上となる。

【例3】借金総額が1,200万円で有価証券が200万円の場合

個人再生の借金は240万円に減額される。有価証券は200万円の清算価値があるが、個人再生で減額された240万円以下のため、240万円が弁済額となる。

雨宮先生雨宮先生

仕組みがお分かりいただけましたでしょうか?このように、減額後の借金よりも財産価値の方が上回っていれば、金額が高い方のぶんを返済することになります。

有価証券以外にも財産があった場合

もし有価証券以外にも財産があった場合は、清算価値がさらに加算されていきますので、返済しなければいけない借金額が増えることになります。

例えば個人再生をして借金は100万円に減ったとしても、有価証券の価値が150万、車の価値50万円だったとしたら、150万円+50万円=200万円を返済することになります。

雨宮先生雨宮先生

このように、個人再生では資産を残せるメリットがありますが、高額な財産がある場合は減額幅が小さくなるデメリットもあります。

有価証券の場合は、売って返済の原資にされる人も多いですよ。