債務者さんからのご質問

どうしても必要な支払いがあって、ダイレクトメール勧誘の闇金に1万円を借金してしまいました。

10日後に利息付で1万5千円返済といわれましたが、返済が1日延滞したら延滞金がかかると言われてプラス2万円支払えと言ってきました。

1万5千円は返済しましたが、違約金の2万円を支払っていなかったら、職場や実家に闇金から電話がいくようになりました。
1週間後に闇金に止めるよう電話をしたら、さらに延滞金が付いたのであと10万円支払えと言われました。

10万円も支払えないのに、周囲に迷惑もかかって、どうすればいいのか分かりません。

雨宮先生雨宮先生

闇金の場合は自分で電話して解決しようとすると、かえってこじらせてしまいます。
弁護士や警察に相談して解決してもらうのが1番良いと思います。

闇金の手口

闇金の利息と延滞金が支払えなく取り立てや嫌がらせがきつい
闇金の取り立ては業者によってさまざまですが、基本的には暴利や多額の延滞金・違約金を請求してきます。

直接事務所に行って返済の場合は、返済期日に事務所を閉めてわざと延滞金がかかるようにしたり、電話を受け取らなかったり、休業にして後から「営業していました」と言ったり、平気で理不尽なことをしてきます。

闇金の取り立ての手口

さらに問題になるのが闇金の取り立てです。
理不尽な請求をされて支払わないでいると、業者によっては執拗(しつよう)な嫌がらせが続きます。

闇金の取り立て方法と嫌がらせ行為

  • 携帯電話に毎日何件もの取り立て電話
  • 職場に電話をする
  • 実家や家族への取り立て(場合によっては恋人にも)
  • 早朝・深夜の電話
  • 同業者からの勧誘
雨宮先生雨宮先生

闇金の取り立てや嫌がらせには制限がありません。

個人で対応するとこじらせてしまう理由

借金をしてしまった人がどんなに強気な性格でも、個人情報を掴んだ闇金はさらに強気です。
相手の方が有利な立場ですから、個人で「取り立てをやめろ」と言っても、闇金には通用しません。

たとえ話をしますが、”子供のいじめ”を想像してください。いじめられている子供が「やめろ」と言っても、いじめている側はさらに面白がって、いじめの手をさらに強くすることがあります。闇金の取り立ては、子供のいじめがそのまま大人になったようなものです。

ですので債務者側から電話をして個人で対応しようとすると、闇金は「この人はもっと搾り取れる脈がある」と判断して、次から次へと理不尽な要求をしてきます。要求をのまなければ取り立てを嫌がらせを繰り返してきます。

闇金対処の一番の方法

闇金は子供のいじめのようなものですから、一番の対処方法は「無視しつづけること」です。

電話の着信拒否をしたり、電話番号を変えたりします。言いなりになって、理不尽な要求はのまないこと。とにかく無視することです。

無視をし続ければ、闇金側は「この相手は脈が無い」と思って連絡をしてこなくなるパターンが多いです。

自分以外の個人情報を取られている場合

ですが問題なのは、自分以外の個人情報が握られている場合です。

例えば職場の連絡先、緊急連絡先として実家や恋人、家族の連絡先や住所が闇金に知られてしまうと、自分が無視をしていても闇金業者によっては周囲に迷惑行為をしてきます。

周囲に事情を話してどうように無視をしてもらう対処をすることで、闇金側が手を引く場合もあります。
ですが、大きな会社などだと電話を取る人全員に伝達することが難しかったり、気の弱い家族だと闇金の言いなりになってしまうこともあります。

こういう行為が続くと、不安な毎日を送ることになります。体調や心の調子を崩してしまう人も少なくなりません。

警察や闇金専門の弁護士・司法書士の助けを求める

このように、個人だけでは問題が解決できない場合は、闇金に対応している弁護士・司法書士や警察を頼られた方が良いと思います。

闇金はその存在自体が違法ですので、警察に連絡をすれば対処してくれることもあります。(対処できない場合もありますが)

弁護士や司法書士の場合は、闇金の相談や依頼は断ることも多いので、闇金に対応している法務事務所への相談・依頼が必要になります。

合わせて読んでおくと良いページ

雨宮先生雨宮先生

闇金の取り立ては個人では対処しきれないことが多いので、警察や専門家に助けを依頼してください。