債務者さんからのご質問

闇金に取り立てと嫌がらせを受けていて毎日不安で疲れ果てています。

法務事務所に依頼して解決してもらおうと思っていますが、弁護士と司法書士どちらに依頼すればいいのでしょうか?
両者の違いは何でしょうか?

雨宮先生雨宮先生

闇金対応に関しては、弁護士と司法書士の違いはほとんどありません。相性で選ばれて良いと思います。

闇金相談における弁護士と司法書士の違い

闇金相談の弁護士と司法書士の違い
弁護士ができることは、裁判所に行ってあなたの代わりに提訴することです。

例えば、闇金に執拗な返済請求や取り立て・嫌がらせで被害を受けて刑事告訴するような場合、弁護士はあなたの代理人になって提訴したり、尋問に同席することができます。

ですが、司法書士にはこれらを行うことが出来ません。また、1社あたり140万円以上の債務整理業務を行う事もできませんが、弁護士には処理できる借金額の制限がありません。

司法書士でも書面作成はできるのであまり問題にはならない

とはいえ、司法書士でも刑事事件などに関する書面作成はできますし、闇金被害に関する依頼では提訴までになることはほとんどありません。

また、一社あたり140万円以上の取り扱いができない件についても、闇金自体の存在があってはならないものですし、請求金額も不法なものですから、金額の制限については気にしなくても大丈夫でしょう。

闇金相談で司法書士の先生を選ばれたとしても、特に何か不都合が起きる事はほとんどありません。

ですので、弁護士か司法書士どちらかで迷っているのであれば、闇金対応については気にする必要はありません。相性で選ばれて良いと思います。

雨宮先生雨宮先生

ですが、闇金の取り立てで暴力や甚大な損害を受けたような場合は、弁護士の先生へ相談される方が良いと思います。
警察への連絡もお忘れなく!

闇金対応については、専門性・経験と親身になってくれるかが大事

ここで知っておいて欲しいのは、「闇金対応については、専門性・経験・親身になってくれるかが大事」ということです。

普通の法務事務所に闇金の相談をしても断られてしまうことが少なくありません。相談しても「当事務所では闇金問題は扱っていません」と言われることもあります。

また、闇金問題を専門にしていない法務事務所でも受け付けることがありますが、不慣れなこともあるのか依頼しても「交渉が破たんしてどうにもできない」と匙(さじ)を投げられることもあります。

闇金対応は法務事務所側の経験が浅かったり、慣れていないと手間と時間だけがかかって利益も少ないことから、仕事を後回しにしがちな面もあります。

闇金対策はそれなりの専門性や経験が必要になりますし、相談者に対してどれだけ親身になってくれるかの法務事務所側の内面も欠かせない部分です。
ですので、「闇金問題を解決します」と掲げている法務事務所を選ばれる必要が出てきます。

合わせて読んでおくと良いページ

雨宮先生雨宮先生

闇金問題で相談先を選ばれるときは、闇金対応を受け付けている法務事務所で、かつ「この先生は良さそう」と思ったところで良いと思います。