債務者さんからのご質問

任意整理をしようと考えていますが、借金の金額や収入など、依頼するための最低条件はありますか?

雨宮先生雨宮先生

任意整理をする法的な最低条件は特にありません。
ですが、3年間ほどで完済出来る定期的な収入や弁護士(司法書士)費用を用意する必要があります。

任意整理で和解できるための条件

任意整理をするための条件

任意整理は、誰でも利用が可能です。

ですが、債権者が納得できる返済計画を提示できないと、和解交渉が決裂して弁護士(司法書士)費用を払うだけになることもあります。

以下の1~3を満たしていれば債権者との和解できる確率も高くなります。

1.定期的な収入があること

債権者と交渉するには、3年間で完済できる定期的な収入が目安になります。ただし、債権者との交渉次第では4年以上の返済期間で和解できるケースもあります。

ですから、収入が少なくても定期的に収入がある場合は、任意整理を諦める前に弁護士(司法書士)に相談してみましょう。

合わせて読んでおくと良いページ

2.任意整理の和解後に一括払いが出来る可能性がある

もし収入が少なくても、家族や知人にまとまったお金が借りれるときは、債権者に一括で支払う代わりに元金の減額ができないか弁護士に交渉してもらうことも可能です。

また、最初に少しまとめて支払うことで、和解交渉をして、残額を数年間で完済する方法もあります。

合わせて読んでおくと良いページ

3.返済とは別に弁護士(司法書士)費用を用意ができる

任意整理後の返済だけでなく、弁護士(司法書士)費用の用意も必要です。
最近では、分割払いも受け付けているので依頼時に支払方法の相談をしてみてください。

合わせて読んでおくと良いページ

【注意点】任意整理後は5年間新たな借金ができない

注意点としては、任意整理後は信用情報機関に債務整理事故者として登録されてしまうことで、5年間は新たな借金やクレジットカードを作る事ができなくなってしまいます。

ですので、もしこれから数年以内に住宅ローンを組もうと考えている場合は、5年後からということになりますし、お金に困った時は貸金業者・銀行からお金を借りることができません。

任意整理後はお金の使い方に注意した生活をしていくことが大切になります。

合わせてチェックしておくべきページ

任意整理の条件を満たせない場合

定期的な収入がなく3年での完済が難しかったり、一括払いも出来ない場合は、自己破産を考える必要があります。

自己破産後は、7年間ブラックリストに載るため、その期間中は新しい借入れやローンが組めません。

ですが、借金がゼロになるので人生を再スタートできるチャンスでもありますので、どの方法で借金整理することが自分自身にとって良いのか、債務整理を扱っている法務事務所でしっかりと相談いただくことをお勧めします。

合わせて読んでおくと良いページ

雨宮先生雨宮先生

任意整理は裁判所を通す必要がありませんので、交渉する弁護士や司法書士と、お金を貸している相手次第で和解内容が大きく変わります。
債務整理交渉の経験が多い法務事務所に出会うことで、和解内容も良いものになる可能性があります。