債務者さんからのご質問

1ケ月前に3社から合計140万円のカードローンで借り入れしたばかりで、それぞれ1回だけ返済しました。

このカードローンについて債務整理することはできるでしょうか?弁護士の先生は依頼を受けてくれるでしょうか?

雨宮先生雨宮先生

1回でも返済しているのであれば、債務整理をする時に問題になる可能性は低いと思われます。
ですが、個人再生をする場合は再生計画案に反対される可能性があるかもしれません。

1度も返済せずに債務整理すると詐欺罪にあたる可能性がある

カードローンで新たな借り入れ直後の債務整理はできるか
新たな借り入れをして、1度も返済せずに自己破産・個人再生・任意整理などをした場合は、「返済する意志がない状態で借金をした」ということで詐欺罪に問われる可能性があります。

債権者が提訴して事件になれば詐欺罪としての判決が下されるかもしれませんが、提訴されなければ何も起こりません。
ですので、詐欺罪になるかどうかですか、提訴するのは債権者しだいになります。

もし1回でも返済をしていれば、「借り入れはしたが返済する意志があった」と認められやすくなりますので、詐欺罪に問われる可能性も低くなります。

ですが、これは借り入れした金額によっても変わります。
100万円前後であれば問題になる可能性は低いのですが、それ以上になると債権者の考えや感情によって事件に発展する可能性もあります。

任意整理をする場合

1ケ月前に新たにカードローンで借り入れしたばかりなのに、債権者側に「任意整理になったから減額して欲しい」という和解交渉は上手く進むでしょうか。

債権者側がいい顔をしないことが予想できますよね。任意整理だと将来利息がカットになる和解案で進めることが多いのですが、新たな借り入れについては完全にカットにならないこともあります。

個人再生をする場合

個人再生は裁判所を通して、半ば強制的に借金減額をする制度です。

ほとんどの債務者は小規模個人再生という制度を利用して、借金総額が5分の1になりますが、これを認めてもらうには債権者の決議が必要になります。

ここで、新たに借り入れしたばかりの債権者が「納得がいかない」として、決議に反対する可能性があります。

債権者全体の半数から反対をされたら、再生計画を見直して返済額を高くするか、決議が不要の給与所得者再生で手続きをし直すことになります。

なお、給与所得再生だと小規模個人再生よりも返済額が高くなります。高くなる理由は弁済総額を可処分所得以上にする必要があるからです。

合わせて読んでおくと良いページ

雨宮先生雨宮先生

可処分所得はとても分かりにくいので、個人再生を依頼した弁護士の先生に聞かれれば良いと思います。

自己破産をする場合

自己破産をする場合は、これも強制的に借金をゼロにする制度ですから、新たな借り入れをしていても1度返済していれば特に問題が起こる事は少ないでしょう。

ですが、金額があまりに大きかったり、利息分を1度しか返済していない場合は、”免責不許可事由”の対象になってしまって、借金がゼロにならないこともあります。

合わせてチェックしておくべきページ

雨宮先生雨宮先生

返済する意志がなく計画的な自己破産であるとされた場合は犯罪になります。

新たな借り入れをした直後で弁護士は依頼を引き受けてくれるのか?

新たな借り入れをした直後で、債務整理の依頼を引き受けるかどうかは、弁護士や事務所によります。

1度返済しているのであれば、債務整理を専門にしている法務事務所であれば依頼を引き受けると思います。もし引き受けないと言う弁護士がいる場合は、債務整理を得意としていないこともあります。

特に個人再生については手続きが難しいので、債務整理専門の弁護士に相談・依頼された方が良いでしょう。

雨宮先生雨宮先生

弁護士にもいろんな専門があります。専門外のことを引き受ける弁護士もいることを覚えておくといいでしょう。