債務者さんからのご質問

実家暮らしをしていますが、銀行・消費者金融・信販会社のカードの借り入れを含めて約640万円の借金があります。

もう返済できません。
この状態で、家族には内緒で個人再生はできるでしょうか?
給料は正社員で手取り23万円で、実家には毎月5万円入れています。

雨宮先生雨宮先生

個人再生は裁判所によって手続き方法が違うので明言は出来ませんが、もしかしたらご家族の収入状況を聞かれたり、収入証明を求められる可能性が有ります。

個人再生はあくまでも個人が対象になる

家族に内緒で個人再生することはできるか
個人再生だけでなく債務整理すべてに言えることですが、この制度はあくまでも個人が対象になります。

例えばAさんが自己破産をした場合でも、Aさんのご家族に借金の肩代わりを求められることはありません。(ご家族が連帯保証人になっていれば別です)

個人再生も同様で、Aさんが借金の返済ができなくなって手続きをすれば、Aさんの借金や収入で再生計画が作られます。

つまり、借金が返せなくなって個人再生を申し立てる本人以外には干渉しません。

実家暮らしでの個人再生をする場合

Aさんの親御さんの実家に住まわせてもらっているのであれば、住宅は親御さんの所有物ですから、親御さんの住宅や財産が没収されることもありません。

実家暮らしということで毎月5万円を親御さんに渡しているということであれば、再生計画を作る際に住居費の部分にその金額を記載すれば良いでしょう。

アパートやマンション暮らしよりも光熱費が少ない分、個人再生後の返済に回せるお金も多くなるでしょうから、個人再生が認められやすいと考えられます。

ご家族に内緒で個人再生を進められるか?

家族に内緒で個人再生を進める

問題は「ご家族に内緒で個人再生を進められるか?」の部分ですが、個人再生は地域や裁判所によって手続き方法が違いますので、もしかしたら「再生委員にご家族の収入証明書を提出してください」と言われるかもしれません。

なぜなら、実家暮らしであれば家計が親御さんたちと一緒の家計になっているからです。

ですが、債務整理はあくまで個人が対象になりますので、ご家族の収入証明書は任意提出になると考えられます。必須の提出ということになれば、ご家族へ内緒で手続きを進める事は難しくなります。

事情を説明すれば、収入証明書の提出は回避できる可能性もあると思いますので、弁護士の先生や再生委員会に予め聞いて話しておいた方が良いと思います。

借金はいくらに減るか

640万円の借金であれば、個人再生(小規模個人再生)でおそらく150万円ほどに減らされると思います。これを3年かけて返済する計画だとすれば、月々4万円前後の返済になるでしょう。

手取り給与23万円でご実家に5万円渡していれば、残りは18万円ですから、毎月4万円の返済ということであれば、ご家族の収入証明書を求められることなく個人再生が通る可能性は高いと思われます。

仮に債権者の決議で反対されて小規模個人再生が通らなかったとしたら、債権者決議が必要無い給与所得者再生で手続きしなおすことになりますが、それでも返済額は毎月5万円前後だと思われます。

十分に返済履行できる収入・家計状態だと判断できます。
詳しくは、個人再生が得意な弁護士事務所にご相談された方が良いでしょう。

雨宮先生雨宮先生

個人再生をする本人の収入が少ないほど、ご家族の収入状況の証明を求められる可能性は高くなると思われます。