債務者さんからのご質問

2つの住宅ローンは個人再生の住宅資金貸付債権の対象になるでしょうか?

自分と妻子が住んでいる住宅ローンを私名義で組んでいて、それとは別に両親が住んでいる実家の住宅ローン債務者にも連名で組んでいます。(親子ローンで組みました)

つまり、自分名義の住宅ローンを2つ組んでいる状態になるのですが、これで個人再生をするとどうなるのでしょうか?

雨宮先生雨宮先生

結論から言うと、2つの住宅ローンを住宅資金貸付債権の対象にすることはできません。

2つの住宅ローンを組んでいる場合の個人再生

2つの住宅ローンを組んでいる場合の個人再生

民事再生法196条に2つ以上の建物を所有している場合について記載されていますのでご紹介しておきます。

住宅 個人である再生債務者が所有し、自己の居住の用に供する建物であって、その床面積の二分の一以上に相当する部分が専ら自己の居住の用に供されるものをいう。

ただし、当該建物が二以上ある場合には、これらの建物のうち、再生債務者が主として居住の用に供する一の建物に限る。

【引用】民事再生法196条第1号

つまり、「建物が2つ以上ある場合は、自分が居住している1つの建物にだけ住宅資金貸付債権が適用になります」と定められています。

ということは、個人再生をすると自分が住んでいる住宅のローンについては個人再生の住宅資金貸付債権が適用されて、両親と連名で組んでいる実家の住宅ローンについては適用されません。

2つ目の住宅ローンも債務整理対象になってしまう

ここで問題になるのは、「個人再生をする場合は整理する借金を選べないこと」です。
個人再生を申し立てる場合は、本人名義の借金全てを債権者リストに書く必要があります。

つまり、実家の住宅ローンについても債務整理の対象になってしまいます。住宅ローンの債権者(おそらく銀行側)がご実家の住宅の抵当権を握っていますから、実家を差し押さえてしまう可能性があります。

2つめの住宅の差し押さえを回避するには

2つの住宅ローンの差し押さえを回避する

ですが、2つめの住宅ローンであるご実家の住宅ローン返済を続けているのがご両親で今まで延滞も無いのであれば、住宅ローンを組んでいる債権者側と話し合いをして自分の債務者名義を外してもらう事で回避できる可能性はあります。

もし債務者名義から外してもらえない場合でも、ご両親がローンの返済を続ける条件で住宅の差し押さえを回避できるかもしれません。

つまり、2つ目の住宅ローンについては、債権者側との交渉次第ということになります。
できれば個人再生をする前に、2つ目の住宅ローン債権者側に債務整理をする旨を相談された方が良いと思われます。

雨宮先生雨宮先生

個人再生自体が難しい手続きになりますし、2つの住宅ローン絡みだとさらに複雑になることが予想できます。
債務整理・個人再生を専門にしている弁護士に依頼されるべきでしょう。