債務者さんからのご質問

夫がいろんな消費者金融から借金をして、返済しないまま、また他の消費者金融から借りてしまいます。

夫がお金を借りさせないようにする方法は何かないでしょうか?

雨宮先生雨宮先生

親族の方であれば、日本貸金業協会の貸付自粛制度の手続きをすることで、金融機関からお金を貸せないようにすることができます。

貸付自粛制度とは?

お金を借りれなくする貸付自粛制度

”貸付自粛制度”とは、お金の浪費癖・借金癖の元である消費者金融との関係を無理やり断ち切ることができる制度です。

消費者金融がお金を貸す流れ

もう少し具体的に説明します。

例えばAさんが消費者金融や銀行のカードローン・キャッシングからお金を借りる時、金融機関側はAさんの信用情報を信用機関のデータベースをチェックして調べます。

信用機関のデータベースをチェックすると、「Aさんは他にいくら借金をしているのか?いくら返済を滞納しているのか?債務整理したことはないか?」ということが分かります。

この情報を元に、金融機関はAさんにお金を貸すかどうかを審査して決めています。
審査方法や利用する信用情報機関は、消費者金融や銀行によって異なります。

日本の信用情報機関

信用情報機関は、JICC(日本信用情報機構)CIC(指定信用情報機関)全国銀行個人信用情報センターの3つがあって、これらの全ての情報は「CRIN(Credit Information Network:クリン)」という情報共有ネットワークで繋がっています。

信用情報機関CRINのネットワーク

雨宮先生雨宮先生

「信用情報機関に登録されている=ブラックリストに登録されている」とも言われます。

貸付自粛制度の登録者は審査時に引っかかるようになる

貸付自粛制度の手続きをすることで、強制的に個人信用情報機関に登録することができます。

これをすると具体的にどうなるのか。
例えばAさんの妻が、Aさんを貸付自粛制度への登録手続きをしたとします。すると、Aさんが消費者金融にお金を借りようとすると、審査落ちになったり貸し付けを凍結されて、5年間はお金を借りることが出来なくなります。

新しいクレジットカードやキャッシングカード、カードローンも作ることができなくなります。

貸付自粛制度は親族でも申し込むことができる

貸付自粛制度は、配偶者や二親等以内の親族が申し込むことができます。

手数料は無料で、持ち込みや郵送での手続きができます。必要なのものは本人確認書類や印鑑証明登録書などです。
詳しくは貸付自粛制度の手続き方法のページをご覧ください。

1度申し込んだあとに登録を取り消したい場合は、3か月後になることに注意しましょう。
住宅ローンを組みたい時に、個人信用情報機関に登録されていると審査落ちしてしまいます。

しかし確約できるものではない

ただし、貸付自粛制度で登録されるのはCIC(指定信用情報機関)のみのデータベースですので、必ずしお金を借りれなくするように確約できるものではありません。

消費者金融側がCICに加盟していなかったり、別の信用情報機関に加盟していた場合は、Aさんはお金を借りることができる事もあります。

各個人信用情報はCRINの情報ネットワークで繋がっているとはいえ、貸金業者側の審査方法で異なります。

雨宮先生雨宮先生

大手の消費者金融や銀行系カードローンだと、お金を借りられなくできる可能性は高いですが、小さい貸金業者や闇金だとどうなるかは分かりません。