債務者さんからのご質問

信用情報(ブラックリスト)が回復するまでの期間はどれくらいですか?

雨宮先生雨宮先生

借金滞納や債務整理の内容、信用情報機関によって変わりますが、1年~10年です。

信用情報(ブラックリスト)が回復するまでの期間

信用情報ブラックリストが回復するまでの期間

日本の信用情報機関には、クレジットカード会社や消費者金融が加盟するCICJICC(日本信用情報機構)、銀行系のKSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つがあります。

借金滞納や債務整理、契約見直しなどで、ブラックリストに登録されている期間が、信用情報機関ごとに異なります。

以下、信用情報が回復するまでの期間を表にしましたのでご参考ください。

事故情報 JICC CIC KSC
滞納・延滞 滞納継続中の期間
または完済から1年
取引中と取引終了(完済)から5年間
任意整理
特定調停
手続き開始から5年間
契約見直し 過払い金請求から10年 無し
自己破産 手続き開始から10年 手続き開始から7年 手続き開始から10年
民事再生
個人再生
開始決定から10年 開始決定から7年

信用情報の回復を早めることはできるか?

「信用情報の回復を早めることができますか?」とよくご相談頂きますが、これは基本的には不可能です。

間違って登録された場合は、各機関に申し出をすることで抹消してもらうことができますが、借金の滞納や債務整理が理由によるブラックリスト登録だと、回復が早まることはありません。裏技的なものもありませんので、回復については諦めてください。

信用情報登録中は、残っている借金をひたすら頑張って遅滞なく返していくことに専念された方が良いと思います。例えば任意整理後に滞納すると、任意整理が無効になって一括請求されることもあります。
一括請求されて自己破産することになる債務者さんもいますので、そうなれば信用情報が回復するどころか、7年~10年に延長されてしまいます。

信用情報に登録されているか調べる方法は?

各信用情報機関に直接問い合わせることで、個人でも信用情報登録状況を調べることができます。

CICとJICCについては自宅のインターネットやスマートフォンからでも開示請求をすることができますが、KSCについてはセンターへの郵送申込みになります。

開示請求方法は、各信用情報機関の公式サイトから確認してください。
【関連外部サイト】

どうしてもローンを組みたい場合

もし何らかの理由でローンを組みたい場合は、各金融機関と相談・交渉することになります。

例えば任意整理や個人再生中の返済が滞納なく順調で、さらに収入状況が上向いている事情などが証明できれば、信用情報に登録されている間でもローンを組めることはあります。

雨宮先生雨宮先生

お金を貸してくれるかは、金融機関の判断になります。信用情報に登録されていても、諦めずに交渉してみれば融資してくれることもあります。