債務者さんからのご質問

年収300万ほどで、消費者金融から借金を繰り返してFX投資をしていますが、負けが膨らんで返済不能になる寸前です。
現在の借金額は約500万円です。

おそらく過剰なFX投資と判断されると思うのですが、この場合は自己破産の免責がおりるのでしょうか?

雨宮先生雨宮先生

仮にFXが過剰な投資と判断されても、裁量免責が与えられるでしょう。

借金をしてFX投資した場合は免責不許可事由にあたる

借金による過剰なFX投資は自己破産免責不許可事由に該当

まず最初に、自己破産をしても免責の許可が得られない「免責不許可事由」を見てみましょう。

免責不許可事由の例

  • 故意に資産を隠したとき
  • ギャンブル・投機行為・高額な飲食・遊興(ホスト・キャバクラ)などに使用するために借金をしていたとき
  • ローンを完済前の物を不当な安価で売却したとき
  • 故意に債権者を隠していたとき(特定の人にだけ、返済をしている疑いがあるため)
  • 返済できない状態を隠して借金をしたとき(詐欺行為)
  • 自己破産免責を受けて7年以内のとき
  • 破産管財人に非協力的なとき

【関連記事】自己破産免責が許可されるケース、されないケースと理由は?

上記例のように、借金をしてのFX投資(投機にもあたりますね)は、免責不許可事由に該当することが分かります。

「じゃぁFXの借金で自己破産は無理なのか?」といえば、実際にはそんなことはありません。
不許可事由に該当していたとしても、裁判官の判断による”裁量免責”が与えられるケースがほとんどです。

実際、自己破産を申し立てて免責が得られなかった案件は1%未満になっていますので、99%の割合で免責が得られるのが現状です。

相談した弁護士によっては個人再生を提案される

ですが、100%免責を受けられるとは誰も保証できません。
裁判所や裁判官によって判断が異なる事もありますので、債務整理の経験が少ない弁護士(司法書士)の先生に相談した場合は、”個人再生”を提案されることもあります。

合わせてチェックしておくべきページ

個人再生は借金の理由を問われない

個人再生は自己破産と違って、借金の理由が問われません。

過剰なFX投資による借金であれ、ギャンブルや過度な娯楽への浪費であれ、借金を減らしても返済が続けられるだけの定期収入さえあれば、個人再生は認められます。

さらに住宅を持っている場合は没収されません。(自己破産では没収されます)

このような制度上のメリットから、弁護士によっては安全策として個人再生を提案してくることもあります。ですが、債務整理の経験が豊富な先生であれば、個人再生の提案は教えてくれつつも自己破産で進めることが多いでしょう。(住宅を持っているかどうかによって変わります)

雨宮先生雨宮先生

債務整理は相談する弁護士や司法書士の先生によって、提案内容や結果も変わる事がありますので、できるだけ債務整理を専門にしている法務事務所に相談される方が良いと思います。

FXの自己破産で裁量免責を得るためのポイント

FX自己破産で裁量免責を得るポイント

99%の割合で免責が得られる自己破産ですが、裁量免責を得るためのポイントを相談した弁護士から教わっていることも、免責成功率を押し上げていることもあると思います。

FX自己破産だと、多くの場合は管財事件の扱いになって、債務者の免責を認めて大丈夫かをじっくりと審査されることになるでしょう。

少しだけですが、FXで裁量免責を得られるポイントをご紹介しておきます。

FX自己破産で裁量免責を得るためのポイント

  • 前回の自己破産から7年が経過している
  • 反省の態度がしっかり認められる
  • 反省文と今後の生活改善目標が明確である
  • FXの取引明細を用意できる(真っ当な投資行為として認めてもらうために必要)
  • 最初は自己資金で始めたことを証明できる
  • しっかりと予納金を支払っている
  • 破産管財人に協力的である
  • 債権者集会に出頭する
  • 嘘を付かない
雨宮先生雨宮先生

弁護士に依頼すれば、免責を得られるためのコツをアドバイスしてくれる味方にもなります。費用は20万円~30万円ほどかかってしまいますが、分割で支払われる人がほとんどです。