債務者さんからのご質問

個人再生をすると支払い済みの車は引き揚げられますか?

車のローンも住宅ローンも支払い済みですが、仕業で自己破産ができませんし車が無いと困るので、個人再生を考えています。

雨宮先生雨宮先生

ローンが支払い済みであれば、個人再生では車を引き揚げられることはありません。

個人再生では支払い済みの車は引き揚げられない

個人再生で支払い済みの車は引き揚げられるか

個人再生は自己破産と違って、財産を没収されることがありません。ですので、支払い済みの車であればローン会社などから引き揚げられることはありません。

ですが、もしローンの支払い中であれば、個人再生手続き前に残債(残ったローンのお金)を支払わない限り、ローン会社に引き揚げられてしまいます。
こういう場合の対応策としては、ローンの債権者名義を途中で家族に変更することもあります。

車の資産価値のぶんだけ、返済額に上乗せされる

支払い済みの車が引き揚げられることはない代わりに、持っている財産価値分の金額と、法律で決められた再生後の最低弁済額を比較して、財産価値分の方が高額だったばあい、返済額が財産価値分と同等になります。

これを、清算価値保証原則と言います

清算価値保証原則について

おそらく分かりにくいと思うので、具体的に説明します。

例えば、車の資産価値が100万円、その他の財産が100万円で、財産の合計が200万円だとします。
そして、借金が合計500万円だったとしましょう。

借金が500万円ある状態で個人再生(小規模個人再生)をすれば、制度上の最低弁済額は100万円になります。

ですが、持っている財産が200万円分ですので、最低弁済額は200万円に設定されるのが、清算価値保証の原則です。

債権者が不当に損をしない仕組みになっている

なぜこのような仕組みになっているかですが、債権者側が不当に損をしないように配慮されているからです。
債務者が自己破産すれば200万円の財産を回収できるのに、個人再生をしたことで100万円しか回収できないとなったら、不平等でしょうし、債権者も納得がいきませんよね。

ですが財産を手放さなくて良いというメリットがありますから、「生活のために車を手放したくない」という債務者さんにとっては役立つ制度です。

雨宮先生雨宮先生

車の財産価値はしっかり査定されます。もし査定が20万円を下回った場合は、財産価値分に含まれないこともあります。裁判所によって違いもあります。