「過払い金・グレーゾーン金利」の記事一覧

VISAカードを過払い金請求した場合デメリットはありますか?

債務者さんのQ&A 過払い金・グレーゾーン金利
VISAカードの過払い金請求デメリット

VISAカードの過払い金請求をすると、カードが解約される・残債があるとブラックリストに載るデメリットがあります。過払い金請求をするときは、事前に全ての借入れを完済してから手続きをすると、ブラックリストには載りません。2010年以前にVISAカードでキャッシングを利用したことのある人は、過払い金が発生している可能性あります。

過払い金返還請求にかかる弁護士費用はいくらになる?

弁護士・司法書士 過払い金・グレーゾーン金利
過払い金請求弁護士費用の設定

弁護士に過払い金返還請求を依頼した場合、かかる費用は「着手金」「成功報酬」「過払い報酬」の3つがかかり、弁護士事務所によって料金の設定に違いがあります。弁護士の交渉スキルによって取り戻せる過払い金額が大きく変わることもありますので、できるだけ過払い金案件を多く解決した実績のある専門弁護士に依頼することをお勧めします。

10年以上経った過払い金は請求できる?

過払い金・グレーゾーン金利
過払い金請求の時効

過払い金の請求は、完済後または最終取引から10年以内と時効が定められています。ですから、借入をしてから10年以上経っている場合でも請求が可能なのです。1度完済してから、借入れや完済をした場合も一連取引と認められると過払い金の請求ができるケースもあるため、諦めずに借金問題や債務整理を専門に扱っている弁護士(司法書士)に相談するようにしましょう。

過払い金返還請求のデメリットはどんなものがありますか?

過払い金・グレーゾーン金利
過払い金返還請求のデメリット

過払い金返還請求はメリットばかりではありません。>ブラックリストに載る、過払い金請求先からは2度と借入れが出来ない、倒産されて請求が出来ない、完済してから10年以内と請求の時効がある、弁護士(司法書士)費用がかかるといったデメリットがあります。

借金したのにお金が戻ってくるってどういう仕組み?分かりやすく解説します

過払い金・グレーゾーン金利
借金をしたのにお金が戻ってくる仕組み

借金をしてお金が戻ってくる仕組みは、サラ金などの貸金業者が利息制限法を超えた金利「すなわち出資法」を適用させて高い金利で利息を取っていた場合に、その差額に年5%の利息を付けて支払われるものです。ですが、利息制限法にのっとった金利でお金を借りていた場合は、お金が戻ってくることはありません。そして、過払い金返還請求の時効は最終取引日から10年以内です。

消費者金融業者側が過払い金請求に対して強い反論をしてきたら?

過払い金・グレーゾーン金利
過払い金交渉で消費者金融に再反論

過払い金請求に対して消費者金融側が強い反論をしてきたら、再反論をしてください。ですが、業者によっては巧みな反論術で交渉を混乱させて、低い過払い金額で和解合意させようとしてくることもあります。「言いくるめられそう」「自分じゃ手に負えない」と感じたら、潔く弁護士に過払い金請求をお願いしてください。その方がストレスも少なく、過払い金を多く取り戻せる可能性が高くなります。

裁判をせずに過払い金をなるべく多く取り返す方法はありますか?

過払い金・グレーゾーン金利
過払い金裁判訴訟の意志提示

なるべく多くの過払い金を取り戻したいのであれば、裁判・訴訟の意志を提示することは必要です。ですが、裁判をせずに過払い金請求をした場合、満額の3割ほどの金額で和解する可能性は高くなります。満額を取り返す場合は裁判で訴訟を起こすことが必要になりますが、期間が長くかかること、途中倒産のリスク、判決が出ても支払われず強制執行手続きまで行う必要がある可能性もあります。

クレジットカードの借り入れは過払い金請求対象になりますか?

債務者さんのQ&A 過払い金・グレーゾーン金利
クレジットカードのキャッシングは過払い金請求対象

クレジットカードはキャッシングを利用していた場合のみ、過払い金請求の対象になります。ですが、それは利息制限法の年利15~18%を超えて貸し付けられていた場合に限ります。主に2010年より前にキャッシングを利用してた場合は、過払い金が発生している可能性は高いです。

過払い金請求中に和解提案をされたらどうすればいいですか?

過払い金・グレーゾーン金利
過払い金請求の和解

過払い金請求では、なるべく訴訟を避けて、取り戻すお金や減額の最低ラインや妥協点を決めて貸金業者と交渉をしてください。貸金業者は金融の知識に長けて交渉に慣れているプロです。過払い金請求は個人でもできますが、相手のペースに乗って丸め込まれてしまうケースは多いので、実績のある弁護士や司法書士に依頼すると過払い金問題は早期解決が期待できます。

ページの先頭へ