「借金の時効」の記事一覧

借金には時効援用があると聞きました。詳しく教えて欲しい

借金の時効 債務者さんのQ&A
借金の時効援用とは

借金には時効があって、貸金業者・法人の場合は5年間、個人の場合は10年間と定められています。ただし、1円も返済していない期間が5年または10年間経過していた場合です。時効を迎えたら”時効援用”という、内容証明郵便を利用してお金を貸した相手に消滅時効を知らせる手続きをすることで、借金は本当の時効を迎えます。ただし、消滅時効は中断や延長もあるので注意が必要です。

借金の時効は?

借金の時効
借金の種類の時効

借金の時効には、種類や借主・貸主によって時効期間が違います。時効がきても勝手に借金が消滅するわけではなく、債権者に”時効援用”の申し出を行う必要があります。そして、債権者からの請求・債務者が承認した・裁判所による差押えなどにより時効のカウントが中断されますが、内容証明郵便による督促は時効の完了が6ケ月延長されるだけで済みます。

ページの先頭へ