「弁護士・司法書士」の記事一覧

債務整理をする場合、弁護士料金は先に支払う必要があるのでしょうか?

弁護士・司法書士
債務整理の弁護士料金は先に支払う必要があるのか

借金の返済ができなくなりました。これから債務整理(任意整理)を弁護士の先生にお願いしようと思っています。弁護士料金は先に支払う必要があるのでしょうか?弁護士の料金報酬や支払い方法は自由化されていますので、弁護士事務所によって違います。

債務整理や借金相談は弁護士と司法書士どっちに相談すればいいですか?

弁護士・司法書士
借金問題・債務整理相談の弁護士と司法書士どっち?

任意整理や過払い金請求手続きで訴額が140万円以下の場合は、認定司法書士にも相談や手続きが出来ます。マイホームを守りたい、離婚問題、賠償請求など、借金相談以外の問題が絡む場合は、弁護士への依頼がのぞましいです。とくに個人再生や自己破産になることが分かっている場合は、認定司法書士に申し立て権限がありませんので、最初から弁護士に相談をされることをお勧めします。

借金整理・債務整理でかかる弁護士費用はいくらですか?

弁護士・司法書士
任意整理の弁護士費用

借金整理を弁護士に依頼した場合、相談料・着手金・報酬・実費・日当と5つの費用が発生します。この費用の設定料金は、弁護士事務所により違うのです。そして、任意整理・過払い金請求・個人再生・自己破産でも設定料金が変わってきます。そのため、弁護士費用も、事務所によっては10万円程度変わることがあるのです。

失敗せずスムーズに弁護士・司法書士に債務整理相談をするには?

弁護士・司法書士
債務整理相談を失敗しないポイント

債務整理を失敗しないためには、本気で借金問題を解決するためには他力本願な甘い考えを捨て気持ちを引き締めましょう。そして、借金問題に強い経験豊富な弁護士(司法書士)を探すことが重要になります。予約時に指示された必要書類は忘れずに準備をして予約当日は、清潔な服装で行く・弁護士・司法書士に対して丁寧な接し方をする・隠し事をしない・重要事項はメモを取ることが大切です。

過払い金返還請求にかかる弁護士費用はいくらになる?

弁護士・司法書士 過払い金・グレーゾーン金利
過払い金請求弁護士費用の設定

弁護士に過払い金返還請求を依頼した場合、かかる費用は「着手金」「成功報酬」「過払い報酬」の3つがかかり、弁護士事務所によって料金の設定に違いがあります。弁護士の交渉スキルによって取り戻せる過払い金額が大きく変わることもありますので、できるだけ過払い金案件を多く解決した実績のある専門弁護士に依頼することをお勧めします。

問題有り、怪しい弁護士事務所の特徴や見分け方は?

弁護士・司法書士
問題有り・怪しい弁護士

「この弁護士で良いのか、何か不安だな」と思ったら、進捗状況や詳細を弁護士側にしっかり確認しましょう。そこでうやむやにされたり、詳細な説明が無い場合は、弁護士を変えることを検討した方が良いと思います。依頼者と弁護士の仕事は、基本的に信頼関係があって成り立つものです。弁護士は進捗状況や条件提示をしっかり行うべきですし、依頼者さんも弁護士側が求める情報は細かく説明して、お互い礼儀正しく接し合うことが大切です。

借金・債務整理の弁護士・司法書士相談で準備するもの

弁護士・司法書士
借金債務整理弁護士相談で準備するもの

借金・債務整理を弁護士・司法書士に相談するときに準備しておくものは、身分証明書・印鑑・現在の債務(借金)と完済して10年以内のものについて証明できるもの・収入や資産を証明するもの・借入れしたことがあるクレジットカード・家計の状況についてです。債務内容が不明の場合は、借主に”取引履歴の開示請求”や個人信用情報機関に”登録情報の開示申込み”の手続きをします。

ページの先頭へ